Ane会

働く大人女性のためのWebマガジン

【意識改革】幸せに働く、とは|Ane会

働き方改革という言葉があちこちで聞かれるようになりました。

長時間労働の改善や、正社員と非正規社員の格差是正など、企業では様々な取り組みが行われています。企業側の取り組みに頼るだけでなく、私たち個人も自分の働き方を振り返って、何かできることがあるのではないかと感じています。

あなたが望む理想の働き方とは、どのような働き方ですか?

とにかく一度、「理想状態」を考えてみる

望んだって、叶わない可能性が高いから…とあきらめる前に、一度自分にとって理想の状態を考えてみましょう。

時間にゆとりがある時がいいですね。

  • 理想の仕事内容
  • 理想の勤務場所
  • 理想の勤務時間
  • 理想のチーム編成、上司、同僚、部下
  • 理想の人間関係
  • 理想の報酬、評価
  • 理想のキャリアパス、キャリアプラン
  • 理想のオン・オフバランス
  • 理想の休日の過ごし方
  • 理想の終業後の過ごし方 …など。

いろんな視点から考えて、できれば頭の中だけで思い描くだけでなく、絵でも文字でもいいので書いてみることをお勧めします。

書くことによって、理想をイメージする「快」の感覚を、なるべく長い時間味わってほしいからです。最初からあきらめたら、叶うものも叶わなくなってします。

ありありと理想状態を思い描けるということは、その未来を実現できる可能性があるということです。

おめでたい発想、そんなのは無駄な時間だ、そう思った方は要注意!

私たちは、イメージできない現実を実現することは難しい。けれど、イメージできる現実はそのために「何をするか」によって、その状態に近づくことができるのです。

いま、を振り返る

理想状態を思い描いたら、現実に戻りましょう。

いまの働き方を振り返って、理想に近づけるために、何を一番改善したいかを考えましょう。

  • 改善したいことに対して、あなたは何ができそうですか?
  • 改善できたら、どんな気分になれそうですか?

ここで大切なことは、改善したいことを誰かに改善してもらおうと考えないこと

あなた自身の行動で、理想状態に近づくためにできることを考えてみてください。

働いている職場の状況や契約形態によって事情もあるでしょうが、何か自分発でできることはありませんか?

大げさな行動でなくていいのです。ちょっとしたこと、すぐできそうなことでいいのです。その行動を起こすために、何か整っていなければならない条件があるとしたら、できるだけそういった条件が必要でない行動にしましょう。

それから、その行動を起こしているあなた自身はどんな気分になりそうか想像してみることも大切です。

もし想像した結果、気乗りしない・続かない・ちょっと面倒かも…とネガティブな感情がわくのなら、その行動は変えたほうがいいでしょう。

楽しそう・気持ちよさそうと「快」の感情を味わえそうな行動を選んでください。そうでないと、行動に移せません。

これをやってみよう、という行動が見つかったら、それを同僚でも上司でもパートナーでもお子さんでもいいので、話しやすい相手に「やってみる!」と話してみることもいいですね。

自分で考えたのと違うアイディアや、もっといい方法が出てくるかもしれません。

そして、誰かに話す・宣言することは、自分自身へのコミット度合いを高めることにもつながります。

行動を開始する

やってみることを決めたら、あとは実際に行動するのみです。

「行動するのみ」と言葉で言うのは簡単ですが、今までと違う行動を起こすことは簡単なことではないと思います。

もし、ここで行動に移せなかったら、もう一度理想の状態を思い出して…、もう一度自分に問いかけてみてください。

  • 理想の状態は、あなたが本当にかなえたい状態ですか?
  • そのために現状を改善する行動は、あなたが望む行動ですか?

この過程は、行ったり来たりするかもしれませんがそれでもかまいません。

本当にあなたが望むことであれば、行動できるはず。

理性や、周りからどう見られるかなどを、私たちは無意識に気にして生きています。

それをすべて取っ払う必要はないのですが、自分の本心に忠実に向き合って考えてもらいたいのです。

必ず、見つかります。理想の状態に近づくための行動が。

そして、必ず、行動できます。

誰もが幸せに働ける世界へ

誰もが幸せに生き、働く権利を持っていると私は思っています。

心が辛いのに、身体が悲鳴を上げているのに、それを隠して無理をすることは美徳でも何でもありません。

そして、幸せな働き方は一人ひとり違います。

あなたが感じる「幸せ」な状態は、他人にはわかりません。

そして、他人から与えられるものでもありません。

何が自分にとって一番幸せなのか、あなた自身がちゃんとわかっていますか?

幸せな働き方を実現する第一歩は、あなた自身を知ることから始まります。

それがわかれば、あとは実現に向けて動き出すだけです。

一人でも多くの人が、自分自身の幸せな働き方を見つけて、そのための行動を起こせますように。そう願っています。

時短求人に特化した採用支援サイトがオープン!

広報・経理・人事・法務・企画・経営企画・デザイン・ITなど、あなたの経験を活かした『時短の働き方』がここにあります!

Written by

石田 映子
愛知県名古屋市生まれ。17年間IT企業でシステムエンジニア、プロジェクトリーダーとしてシステム開発に従事しながら、若手社員育成、女性社員のメンター、社内の女性活躍推進活動にも従事。
育児休暇取得後復帰し、社会人、母、妻、一人の女性としての生き方、あり方を追求し、それを実践すべく、ベンチャー企業に転職し、人の育成に携わる。もうすぐ6歳になる娘を持つワーキングマザー。

女性PRのことならなんでもお問い合わせください。