Ane会Times

TheAne会Times|大人の女性が楽しむwebマガジン

かしこい人はもう使っている”女性脳”活用術

昔から言われていることですが、男性と女性は、「そもそも別の生き物」と言われるぐらい感性が違う場面がたくさんあります。実は、女性活躍のキーワードとして「女性脳の活用」にヒントがありました。

男性脳?女性脳?

そもそも、最近よく聞く、男性脳と女性脳は何が違うのでしょうか。

男性脳:コミュニケーションにおいてコミット型。基本的に何かを決めて行動することに長けています。

女性脳:コミュニケーションはプロセス型。相手をおもんばかって、物事を進めることが特徴的です。

例えば、「靴を買いに行こう」と出かける時。

男性脳の方:「靴を買う」ことを目的とし、その為の行動をとると理解します。

女性脳の方:「靴を買いに行く」という言葉の中に、他にもいいものがあったらついでに見て楽しみたいと理解します。

だから、男性(脳)視点で言うと、「靴を買いに行くんだよね。なんでバッグのお店に入るの?えっ小物も見ちゃうの?」ってなるんですね。女性同士であれば、「靴を買いにいきたいんだけど。」と伝えれば、「(そのときついでにいいものがあれば見たいし)」まで伝わるんです。

しかし、男性脳は「コミット型」なので、「靴を買いにいきたいんだけど。」と伝えたら、「靴を買いにいくんだな」としか伝わりませんし、コミットした通りにしか動きません(笑)

男性脳の方に物事を伝える時には、目的を伝え、行動を具体的に伝えた方がうまくいきます。先ほどの買い物の例は、「ウインドショッピングをしたいから付き合って」です(笑)

 女性脳を活用したキャリア構築法

network-577009_1280女性のもう一つの特徴として、「女性の感性」というものがあげられます。企業においても、「女性視点を活用した新商品」という見出しで広告が出たり、買う側の女性も「女性視点」が入った商品ということで、購入促進につながるケースがあります。

しかし、どの会社もそれを実現しているかというとそうではありません。まだまだ多くの企業の場合は、マーケティング部に女性がいなかったり、少数であったりするケースが多くなり、女性の意見が十分に反映されているとはいえない企業もあります。

では、企業の中で、女性の意見がより反映するためにはどうするか。

女性脳の特性として、『「今」・「ここ」が心地いい』ことを優先する特性があると言われています。だから、全体の輪を乱してまで、自分の意見を堂々ということが苦手でも有ります。そうなると、なんか違うなと思っても、『自分が我慢すればいい』となってしまうんですね。

会社において、男性の上司、同僚がいる中で、女性の意見を伝えていくポイントがあります。それは、【女性の感性+論理的コミュニケーション】です。

女性の場合、どうしても感性で物事を伝えてしまうことがあります。それは、女性同士の話しの場合、すべてを話さなくても伝わってしまうからです。しかし、男性もいる場所で、感性や感情的なだけでは、伝わりません。

必要なことは、違いを知ること

hand-523233_1280自分が思っていることや感性を、性別に関係なく、相手に論理的に伝える必要があります。そして、伝えた後は、男性脳にわかりやすい”コミット”です。いつまでに何をするということまで、伝えることができれば、女性としてだけではなく、キャリアウーマンとして、活躍するきっかけになるかもしれません。

少子高齢化という背景をもとに、新しい働き手として、また今まで男性的価値観で成長してきた日本の社会において、今後は今までの価値観だけでなく、異なった価値観をもった人がお互いの価値を尊重し合いながら新しい価値を創造していくことが求められている時代です。

私たち女性自身も活躍できる時代が来たと思います。とは言え、今までの働き方だけでなく、女性自身が一生働き続ける覚悟をもっ て長期の視点で会社や社会と関わりあっていくことが大切だと思います。

その為にも、『なんで伝わらないんだろう?』『上司は私のことをわかってくれない』 とできない可能性にフォーカスするのではなく、男性脳・女性脳をはじめ、違いを知ることによって、違いを受け止め、新しい価値を創造するためにどうしらたら良いのか?とできる可能性にフォーカスし、目的意識を持って仕事に取り組んでいくことが求められていると思います。

お話を伺った方

content_Woomax____

ビジネスマナー講師

株式会社Woomax人財育成コンサルタント講師

愛 知県生まれ。営業職の仕事の傍ら、司会養成学校に通い司会業に従事した後、コーチングを学ぶ。2006年、研修会社に入社。ビジネスマナーとコーチングを 専門とした人財開発研修講師として従事。2009年より拓殖大学客員講師として、キャリアデザイン、ビジネスマナーの講義も担当する。2012年より、 Woomaxの講師となり、新入社員研修から管理職研修、女性社員向けのキャリア&ライフデザイン研修など、企業研修・コンサルティングの講師として社員 教育に取り組んでいる。

■著書

『私を磨く!毎日が輝く!女性のビジネスマナー』『ゼロから教えてビジネスマナー』など

株式会社Woomax

寄稿者について

株式会社日淺Ane会Times編集長編集長・日淺 光博
Ane会Timesの編集長をやっています。会食、イベント、仕事でのつながりを通して、3年間でのべ1,000名以上の女性とお会いしてきました。お会いした方々のエピソードもご紹介させて頂きます。

更新の励みにもなりますので、こちらからご意見・ご感想など お聞かせ頂けると嬉しいです!

Return Top