Ane会Times

TheAne会Times|大人の女性が楽しむwebマガジン

ベストセラー『世界がもし100人の村だったら』原訳者が語る誕生秘話。

世界がもし100人の村だったら(原訳)

大ベストセラーになった『世界がもし100人の村だったら』この原訳者として知られる中野さん。まずはこの詩を改めてご紹介します。

ーーーーー

『もしも、世界が100人の村ならば』(中野裕弓オフィシャルサイトより)

もし 現在の人類統計比率をきちんと盛り込んで、全世界を人口100人の村に縮小するとしたらどうなるでしょう。

その村には・・・・
57人のアジア人
21人のヨーロッパ人
14人の南北アメリカ人
8人のアフリカ人がいます。

52人が女性で
48人が男性です。

70人が有色人種で
30人が白人

70人がキリスト教徒以外の人たちで
30人がキリスト教徒

89人が異性愛者で
11人が同性愛者

6人が全世界の富の59パーセントを所有し、その6人ともがアメリカ国籍

80人は標準以下の居住環境に住み
70人は文字が読めません
50人は栄養失調で苦しみ
ひとりが瀕死の状態にあり、ひとりは今、生まれようとしています
ひとり (そう、たったひとり) は大学の教育を受け
そして ひとりだけがコンピューターを所有しています

もしこのように縮小された全体図からわたしたちの世界を見るなら、
相手をあるがままに受け容れること、 自分と違う人を理解すること
そして そういう事実を知るための教育がいかに 必要かは火を見るより明らかです。

また、次のような視点からもじっくり考えてみましょう。

もしあなたが今朝、目覚めた時、健康だなと感じることが出来たなら・・・
あなたは今週生き残ることのできないであろう100万人の人たちより恵まれています

もしあなたが戦いの危険や、投獄される孤独や、獄門の苦悩、
あるいは餓えの悲痛を一度も経験したことがないのなら・・・・・
世界の5億人の人たちより恵まれています

もしあなたがしつこく苦しめられることや、逮捕、拷問または死の恐怖を
感じることなしに教会のミサに行くことが出来るなら・・・・
世界の30億の人たちより恵まれています

もし冷蔵庫に食料があり、着る服があり、頭の上には屋根があり、寝る場所があるなら・・・・
あなたはこの世界の75パーセントの人々より裕福で

もし銀行に預金があり、お財布にもお金があり、家のどこかに小銭の入ったいれ物があるなら・・・・・
あなたはこの世界の中で最も裕福な上位8パーセントのうちの一人です

もしあなたの両親がともに健在で、そして二人がまだ一緒なら・・・・・それはとても稀なこと

もしこのメッセージを読むことができるなら、あなたはこの瞬間2倍の祝福を受けるでしょう。
なぜならあなたのことを思ってこれを伝えている誰かがいて、
その上、あなたは全く文字の読めない世界中の20億の人々よりずっと恵まれているからです

昔の人がこういいました。
わが身から出づるものはいずれわが身に戻り来る、と。

お金に執着することなく 喜んで働きましょう
かつて一度も傷ついたことがないかのごとく 人を愛しましょう
誰も見ていないかのごとく 自由に踊りましょう
誰も聞いていないかのごとく のびやかに歌いましょう
あたかもここが地上の天国であるかのように 生きていきましょう

このメッセージを人に伝えてください、そしてその人の一日を照らしてください。
アメリカの友人からのメッセージ 3.2001
作者不詳
訳 なかのひろみ

ーーーーー

このメッセージは、後に、池田香代子さんにより書籍化され、多くの人の手に渡り、広がっていきました。このメッセージが世に出るにはこんなエピソードがあったそうです。

『もしも世界が100人の村だったら』誕生秘話

ある朝、中野さんのパソコンに一通のメールが届きました。

『タイトル:火を見るより明らかです。』

送り主は世界銀行時代の元同僚からでした。
メーリングリストに投稿したものが、中野さんの元に回ってきたんです。

その内容を見たとき、中野さんは、地球が手のひらサイズに乗ったような衝撃が走ったといいます。

そして、20分後には、上記の訳文が完成。
タイトルも、「もしも世界が100人の村だったら」に変更し、最後の一文も原文では命令口調だったものを、共感の言葉に変更しました。その中野さんのオリジナル訳が以下の部分です。

ーーーーー
お金に執着することなく 喜んで働きましょう
かつて一度も傷ついたことがないかのごとく 人を愛しましょう
誰も見ていないかのごとく 自由に踊りましょう
誰も聞いていないかのごとく のびやかに歌いましょう
あたかもここが地上の天国であるかのように 生きていきましょう
ーーーーー

メールを受信してから1時間足らずで、そのメッセージは完成しました。。

中野さんが訳されてからまもなく、複数の方から、出版の話しが届いたそうです。

「命令文だと、どうしても日本人には受け入れがたくなってしまうのではないかと考えました。そこで、『~しましょう』と共感文に変えたことで、多くの人へと広がっていったんだと思います。」

これが後にテレビ番組にもなり、ベストセラーとなる種が生まれた瞬間です。

日本にソーシャルリースを広げる活動

こうして、日本に帰ってからも、精力的に活動を続ける中野さん。
今取り組んでいるのは、『ソーシャルリース構想』

人と人とを繋いで豊かな社会の輪を作る活動です。

例えば、

・地域の中で、働く女性の子供を預けたいという(Needs)に対して、地域の高齢者がその役割を請け負うこと。

・地域の中で、外で働く女性にかわって、家にいる女性たちが有償で女家事を担うこと。

を実現する社会を作ることです。

そのための取り組みの一つとして、例えば、

◯スペシャルオリンピックスの理事としてその運営に参画
◯“もしも世界が100人の村だったら”などのメッセージを発信
◯次世代継承プログラム 高校生サマーセミナーで若い人たちを育成

を積極的に行ってきました。

まさに世界銀行に辞表を出した時の思いのまま、中野さんは今日も活動を続けています。

[写真引用;e-hon

お話を伺った方

IMG_1792

中野裕弓さん

カ ウンセラー、人事コンサルタント。9年間の英国生活の後、東京の外資系銀行勤務を経て、1993年よりワシントンD.C.にある世界銀行で4年余り、人事 カウンセラーとして多国籍の職員のキャリアや職場の人間関係のアドバイスにあたる。帰国後独立し、人生を楽しく活きるコツや心の持ち方、子供を取り巻く環 境の改善などをテーマにした講演活動や企業の人事アドバイスを行ってきた。ベストセラー『世界がもし100人の村だったら』の原訳者としても知られる。最 近はソーシャルリース(社会の環)という構想を打ちたて、世界中の人々が有機的につながる社会のあり方を提唱すると共に、女性達によるコミュニティづくり の支援にも力をいれている。

著書

『自分の心を満たす31の方法』
『100人の村と考える種』
『3つの箱~人生が一瞬で変わる思考整理術~』

など多数

寄稿者について

株式会社日淺Ane会Times編集長編集長・日淺 光博
Ane会Timesの編集長をやっています。会食、イベント、仕事でのつながりを通して、3年間でのべ1,000名以上の女性とお会いしてきました。お会いした方々のエピソードもご紹介させて頂きます。

更新の励みにもなりますので、こちらからご意見・ご感想など お聞かせ頂けると嬉しいです!

Return Top