Ane会

働く大人女性のためのWebマガジン

福島県浪江町出身のシンガー門馬よし彦さんの「願い」に感動。

故郷を思い、故郷のために歌う

今も全町避難が続く福島県浪江町。町の中でも、津波により壊滅的な被害を受けた請戸地区に残る請戸小学校。この地区出身のシンガー門馬よし彦さんが、今年の3月11日に請戸小学校跡地で歌った「願い」という曲が感動すると話題になっています。

「願い」

夢で会えればいいと 毎日目を閉じるよ
いつも穏やかなふるさとを思い浮かべて
だけど目に映る現実は変わり果てた姿で
ため息しか出ないけれど夢中になって歩いてる
数え切れないほど悲しみがある中で
今少しずつ動き出してる 沢山の絆

一人一人が心を奮い立たせて
明日へ繋ごうと歩き出している
涙を堪えて笑う顔には
人の強さと勇気が溢れてる

どんな風になろうともふるさとが大好きさ
生まれて育ったこの町の風が大好きさ
何もかもが流されて何一つ残ってないけれど
また暮らしたい いつかきっと皆で笑うために
閉ざされた未来 多くの人の手で少しずつ見えてきたよ
出来ないことは無いさ 信じる力が
この町を この国を 包んでいる

一人一人が心を奮い立たせて
明日へ繋ごうと歩き出している
涙を堪えて笑う顔には
人の強さと勇気が溢れてる

勇気が溢れてる

 

女性PRのことならなんでもお問い合わせください。