Ane会Times

TheAne会Times|大人の女性が楽しむwebマガジン

”中1ギャップ”対策に!東京ベーシック・ドリル活用法

 

boy-286240_1280

東京ベーシックドリルってご存知ですか?

今年度4月に東京都の小学校全校に東京ベーシックドリルが東京都教育委員会から送られてきました。このドリルを活用し基本的な学習内容(小学校第4学年までに身に付けさせる必要がある基礎的・基本的な内容)を繰り返し学び、児童・生徒の確かな学力の定着と伸長を図ることを目的としています。

ある中学校数校でベーシックドリルの算数の診断テストを行ったところ、多くの生徒の基礎的な学習が身についていなかったことが分かったそうです。

”小学校の授業は、復習をあまりしないことが多い”との事。

だからこそ、小学校で学習する内容を身につけていないと中学校の学習についていけなくなる場合が多いのです。そのために、このドリルを活用し、小学校で基本的な学習内容を必ず身につけてから中学校へ進学してほしいと東京都教育委員会が作成したということです。

”塾行かない派”の強い味方!

children-studying-670663_1280私は小学生3人の母親をしております。まさにこのベーシックドリルを我が子が受けました。案の定満点は取れず、再テストを受けることとなりましたが、子供達もさすがに危機感を覚えたのか再テスト前日は真剣に復習に取り組んでました。私も日頃、見過ごしていた復習を一緒に見てあげることで学習についての意識が高まりました。

保護者の方ともこのベーシックドリルについてお話しました。

「わからないところをそのままでなく対応してくれてとても助かる」

「ここまでしないと親も子供も意識して勉強しないかも」

「うちの子、最後まで満点とれなかったら・・」

心配ながらもやはり、学力向上の為の取り組みに対して賛同しているようでした。”日頃から塾に通っいない子と通っている子の差が開いていくばかりなのでは??”と心配している保護者にとっても有りがたいベーシックドリルです。

都内小学校じゃないから・・とあきらめないで

content_kake出典:http://dousureba2.blog.so-net.ne.jp/archive/c2301810442-1

都内の小学校じゃないし・・と諦めないで下さい。
東京都教育委員会のHPに診断シート、解説シート、答えもダウンロードし印刷出来ます。
問題集を買う前に、東京ベーシックドリルでお子さんに合った問題をご自宅で学習することをオススメします。

 

 

 

 

 

更新の励みにもなりますので、こちらからご意見・ご感想など お聞かせ頂けると嬉しいです!

Return Top