Ane会Times

TheAne会Times|大人の女性が楽しむwebマガジン

親子でコーヒーブレイク

金沢で出会った美味しいコーヒー

先日、金沢出張へ行った際、立ち寄ったcowry coffee。田んぼの真ん中にポツンとあります。その日のメニューは、珈琲(ガテマラ アンティグアレタナ農園イエローブルボン種)と濃厚チョコケーキのみ。クラシカルな音色が響き渡る店内で飲むコーヒーは、格別な美味しさ!お土産に美しい豆も買いました。

Y20150603_01

子どもにもオススメ!玄米コーヒーミルク

出張土産のコーヒー豆を、ニヤニヤしながら眺めている私を見て、

「美味しそう!大人になったら、コーヒー飲みたいな〜。」

と羨ましそうに口を尖らせる娘。そんな娘のために、玄米コーヒーを作ってみました。鉄のフライパンで、玄米(無農薬)を弱火で一時間くらいひたすら炒ります。小まめにかき混ぜないと焦げてしまうので、かなり根気がいる作業です。

Y20150603_02

香ばしい香りがしてきて焦げ茶色になれば、完成! これを、すり鉢で粉砕して、ミルクで煮出します。

【材料】

・牛乳または豆乳 200ml

・玄米コーヒーの粉(玄米を炒って粉砕したもの) 大さじ1

・きび砂糖 小さじ1

いわゆるコーヒーのような味はしませんが、ほんのり甘くてやさしい味。玄米は栄養価が高く、炒ることによって、さらに消化吸収率がアップするそうです。

 

いっしょにコーヒーブレイク

Y20150603_03

 

「りこのコーヒー入ったよ〜。」

‘コーヒー’という大人の響きに、娘はご満悦の様子。玄米コーヒーミルクを飲み終えた後、粉砕しきれなかった玄米の粒をスプーンですくって、ポリポリ食べていました。

娘と喧嘩して気まずい空気のとき、いっしょにコーヒーブレイクすれば、お互いスーッと力が抜けて仲直りできそうな…。

 

気分を盛り上げてくれる道具たち

Y20150603_04

ドリッパーやスプーン…コーヒーまわりの道具たちも、手仕事の素敵なものが増えてきました。リネンのフィルターも気になります。お気に入りの道具で丁寧に淹れて、お気に入りのうつわで味わう。私のコーヒーライフは、肩の力を抜いて、一期一会のコーヒーを味わうこと。

これからは、至福のコーヒータイムを独り占めしないで、娘といっしょに楽しもう!

寄稿者について

山本 加容
石川県金沢市生まれ。東京学芸大学にて、食品学・栄養学・住居学・服飾学・児童学を学ぶ。スタイリスト、グラフィックデザイナーを経て、プランニング・デザインオフィス「サーモメーター」設立。2009年、器と道具の店「SML」オープン。日本野菜ソムリエ協会公認ベジフルビューティーアドバイザーの資格を活かし、『食』にまつわるデザインコンサルティングやイベントを積極的に行う。2015年より、日本海地域から豊かな暮らしを学ぶ「GRAYSKY project」をスタート。5歳の娘をもつワーキングマザー。

更新の励みにもなりますので、こちらからご意見・ご感想など お聞かせ頂けると嬉しいです!

Return Top