Ane会

働く大人女性のためのWebマガジン

本気で管理職を目指すあなたのために贈る“キャリア・ガード・マジック”チャレンジ編

本気で管理職を目指すあなたのために贈る、“キャリア・ガード・マジック”、今回は中級編となる“チャレンジ編”のお届けです。

 

Ane会のみなさまは、管理職を巡る『ポスト争い』『椅子取り合戦』などの言葉を聞いたことがありますか? その言葉から湧くのはどんなイメージですか? 複数の候補者がひとつの席を囲んで睨み合うイメージ?

起業したばかりの若い企業の中には、管理をやりたい社員に自ら手を挙げさせ、選挙のような手段を取る所もあるようです。自分が就きたい「席」を宣言した人同士で競わせるのですから、まさに、『ポスト争い』そのものですね。

 

欧米では、MBAを取得したような人材を幹部候補生として管理職に就けるシステムが多いようですが、会社が社員を育てる日本企業では、会社側が設けた“試験”を受けさせて社員をステップアップさせ、あるレベル以上の合格者の中から管理職に登用……という仕組みを取っている会社が少なくありません。

今回は、そんな昇格試験が、間近に迫っている人のためのマジック「“キャリア・ガード・マジック”チャレンジ編」です。

前回の記事はこちら

480

マジックその1:“準備”マジック


試験に挑戦し、受かった場合、後戻りはできません。つき進む前に、ごくシンプルに、次の5つのマジック(質問)を自分に問いかけましょう。5つの問いに自信を持って「YES」と答えられるのであれば、準備はできています。

Q. あなたは、すでに、求められる役割を果たすことができる状態ですか?

会社がその資格に求める役割は、前回ご紹介した“会社のルール”を確認しましょう。おそらく明記されているはずです。それを「がんばってやってみる」 ではなく「やる」と言えるか、自分に問いかけてみましょう。

【注意!】管理職に「なって」から学ぶ暇はありません。「なる」前に、すでに準備ができていることが必要です。

Q. 必要とされる部署ならどこにでも行く覚悟がありますか?

・仕事によっては、土日出勤、出向、転勤なども覚悟しなければなりません。

Q. 緊急事態に会社優先で対応する覚悟はありますか?

・地震などの有事であっても、自分最優先にはできません。

Q. 嫌われる覚悟はありますか?

・時と場合によっては、あなた自身が会社(の方針)の矢面に立つ可能性も。

・嫌われてもリストラなどを実行しなければならない場合もあります。

Q. 管理職を目指す動機が“復讐”ではないですよね?

×「課長が嫌でたまらないから自分がなったほうがいい」

×「いじめた先輩を見返したいから管理職を目指す」

×「会社に不満があるから自分の思い通りにしたい」

【注意!】もしもあなたが“復讐”のような動機で管理職を目指しているなら、実際に課せられる役割や重い責任、思い通りにならないことのジレンマなどに耐えられないでしょう。

 

マジックその2:“テーマ”マジック


試験の方式は会社によってさまざまですが、筆記試験は少なく、多くの場合、論文や面接を課せられます。その際、“テーマ”が必要になります。

会社からテーマが示される場合もありますが、もしも自由に設定しろと言われた場合、あなたならどうしますか? 迷ったら、次の3つのマジックでチェックしましょう。

適切なテーマ選びのポイント

・会社の理念に添ったものであるかどうか。

・その資格を得なければ実現できないテーマであるかどうか。
(管理職になったらそれを「実現できる」根拠を示せるテーマかどうか。)

・そのテーマに有益性(利益貢献、業務改善効果など)があるかどうか。

 

これだけは選んではいけないテーマ

※次のようなテーマを選ぶと、単に合格の可能性をなくすだけでなく、あなたの人的評価まで貶めてしまう可能性があります。

・会社の理念や存在意義と著しく相反するテーマ

・資格を飛び越えた立場(例えば部長、役員、社長の立場)のテーマ

・社内の特定の人物や部署を攻撃するテーマ

・会社への不平不満を言うことが目的のテーマ

 

選ぶと損するテーマ

※選んではいけないというほどではありませんが、こういうテーマで合格まで持ち込むのは非常に難しくなります。

・誰もが考えがちなテーマ

(審査員自身も考えたことがあるはずで、容易にその効果をイメージしやすいだけに、「この人を昇格させて実現させたい」と思わせることは難しい)

・具体性のないテーマ

(絵に描いた餅、机上の空論と思われます)

・解決策の提案のない、問題提起だけのテーマ

(「批判だけなら誰にでもできる」)

 

マジックその3:“論文ポイント”マジック


論文を書く時のポイントは、以下の5つ。

1.「です・ます」調と「である」調を併用しない

論文だからといって硬い調子にする必要はありませんが、文体が混ざると読む側が気になって、内容に集中できなくなります。

2.大げさな表現や諺などを多用しない

わずか1ページほどの論文に「第一章」などの単位を用いたり、ふだんのオフィスライフでさほど使わない大仰な言いまわし(例えば“……と言わざるを得ない”“鑑みて”)、ことわざなどを多用したりすると、小さい内容を大きく見せようとしているかのような、幼稚な雰囲気になってしまうことがあります。

3.起承転結ではなく「過去・現在・未来」

論文といえども読み物ですから読み手の興味を引く構成を心掛けることは大事です。ただ、目的は小説家になることではありませんし、論文は創作ではありません。起承転結にこだわると、焦点がぼやける、説得力を失う、などのデメリットがあります。

重要なことは、論文の中に、「過去・現在・未来」がきちんと書かれていることです。

「過去」あなたのこれまでの業績を、簡潔に、解りやすく述べます。

「現在」あなたがいかに現状を正しく把握しているかを示し、あなたならではの視点で問題を提起します。

「未来」問題解決のための提案を述べます。読み手にその効果と「あなたを昇格させれば実現可能」と思わせることが求められます。

なお、割合(文章のボリューム)にも気をつけましょう。傾向としては「過去」の割合が大きくなり、解決策である未来のヴィジョンがしぼみがちです。全体を100とする時、「過去25%:現在40%:未来35%」ぐらいを目安にしましょう。

4.数値化しよう

過去実績、現状の問題、未来の解決策すべてを数字で証拠づけできればベストです。資料の添付が許可されているのであれば、グラフや表、画像を資料にしても良いでしょう。「みんなが」や「多くが」といった曖昧な言い回しは論文上では悪い意味で目立ってしまいます。

5.ノンブル(ページ付け)を忘れずに

禁止されている場合を除き、ページ付けをしましょう。

 

マジックその4:“面接ポイント”マジック


面接に臨む時、特に気をつけたいポイントは、以下の3つです。

1・昇格面接の身だしなみには演出が必要

就職時を思い出すのか、無難な身だしなみをする人が多いのではないでしょうか。

しかし、会社の昇格試験(特に管理職にかかわる)では、面接官は、あなたという人に管理職を任せてもいいかどうかを判断するのですから、「どうぞ私にお任せください」という雰囲気作り、つまり“演出”が大切です。

あなたが堂々と自信を持って受け答えができるかどうかをポイントに、身だしなみを考えてください。派手か地味かという視点ではなく、面接官の前で、自分が臆さず話せるかどうか(=自信を持てるか)という視点で、コーディネートを考えましょう。

2.相手は無表情でも意地悪でもこちらは笑顔を忘れない

入室したら、まず、元気に笑顔とあいさつです。でも、相手の暖かい反応は期待しないでください。

面接官はうなずき(肯定)を禁止されていることが多く、わざと意地悪な質問をする場合もあります。そんな面接官が、あなたがよく知る上席社員ということもあり得ます。ふだん良く知っている人が無表情だと、不安でたまらなくなるでしょう。あなた自身もあがっていれば、話すことを忘れても不思議ではありません。

だから、これだけは自分に言い聞かせましょう。

「とっておきの素晴らしい笑顔を武器にすること」。

答えがまずかったな、と思っても、質問の意味が掴めなくても、相手の反応が不気味でも、とにかく笑顔になってください。できればとびっきり魅力的な笑顔になりましょう。笑顔は自分自身の緊張をほぐしますし、相手(憎いわけではなく、相手も仕方なく無表情にしている)の攻撃を一瞬でもひるませる効果が期待できます。また、何かヘマをやってしまっても、笑顔があれば、不思議と気まずくならずに、立て直しの時間を稼げるもの。

退室する際には、ついつい「うまくやれたかな」「ああ、まずい」など、たった今の面接の内容に気を取られがちですが、面接官にお礼するのを忘れないでくださいね。

3.日経と業界新聞と社内情報に目を通しておく

ふだん新聞など読まない人でも、面接の1週間前ぐらいから、経済紙と業界紙、そして社内告知板などに目を通しておくことをお勧めします。あなたのテーマにあまり関係がなくても、会社のその年の利益目標なども頭に入れておきましょう。

面接では論文に関する質問をするとは限りません。面接官があなたの仕事を詳細に知らない場合も、逆によく知っている場合も、わざと話題を世間話に振ることがあります。これは、あなたの情報収集力をではなく、「とっさの機転がきくかどうか」を試しているのかもしれません。

新聞に目を通して準備しておけば、その話題そのものを知らなくても、何かしら機転をきかせるヒントがあるはず。

 

*よくある間違い*


試験が目前に迫ると、学生時代を思い出すのでしょうか、あまり読んだこともないビジネス選書をあれこれと買って来て、それを短期間で読んでそこからネタを探そうとする人がいますが、そこには落とし穴があります。

ビジネス書が役に立たないのではありません。普段からあなたが抱いているもやもやとした問題意識を、ぴったり来る言葉で代弁している本というのは、あるものです。でもそれは常にそのことを考えている人のアンテナに引っかかる情報です。

急に探し始めて都合よくぴったりの本に巡り合えるとは限りませんし、どんなに良い本でもあなたの立ち位置に合っていなければ、そこに書かれているのはあなたにとって「Too much」な内容かもしれません。

例えばある有名大企業の創業者が書いた本には、さまざまな意味で、生きる参考になる点がたくさん散りばめられているでしょう。

でも、その本そのものをもともと気に入って愛読しているならともかく、試験のために慌てて詰め込んだりしたら、付け焼刃が暴走し、「社長業というのはこうあるべきなんだ。それに比べてうちの会社は……」のように、本来自分が目指す立ち位置をはるかに飛び越えた発想を抱いてしまいがちなのです。

しかも、そういう本は面接官も読んでいる可能性が高く、

一発で『ハハーン、あの本の受け売りだな……』と、出所がバレバレになってしまうかも。

 

会社の昇格試験は、一夜漬けオッケーな学校の試験とは違います。その後のあなたのオフィスライフを左右する大事な岐路。

後悔することのないように、自分らしさを大切にして、ぜひ、焦らず、臆さず、切り抜けてくださいね。

出典:https://sokkadayo.jp/480/

 

晴れて任用となった方のために、今回より2回にわたり、“キャリア・ガード・マジック”上級編となる“実践編”の1と2をお届けします。

マジックその1:“管理職心得五箇条”マジック

pixta_3773428_S-600x300

試験に合格し、多くのライバルとの競争を勝ち抜いて、見事に管理職ポストに就いたあなた。

まずは、おめでとうございます。

さて、最初に何をしましょうか?

相応しいスーツでも買いますか?

それとも上位の管理職や担当役員に挨拶に行きますか?

あるいは、部下を集めてあなたの考えをガツンと述べますか?

 

 

 

いえいえ。

実は、それらのいずれも、まず真っ先にやるべきことではありません。

 

イメージしてください。

辞令を受けたあなたの目の前に、「これより先は管理職」という立派な門がそびえ立っています。でもその門はまだ閉まっています。スーツの新調も挨拶も訓示も、みんな、門をくぐった後のこと。

その門を開錠するためには、あなた自身にマジックをかけなければならないのです。

そのマジックとは、“管理職心得五箇条マジック”。どれも大切で、順位をつけることはできません。

 

 管理職心得五箇条

4833e61d

1.これより先、人事は“他言無用”を貫くべし。

1.これより先、役職という殻をかぶるものと心得よ。

1.これより先、泣き言、言い訳は通じぬものと心得よ。

1.これより先、“鳥の目、虫の目、魚の目”を持て。

1.これより先、必ず迷うことあり。原点を忘るべからず。

 

ちょっと、大袈裟? 恐い?

いいえ、むしろこの五箇条をしっかりと心に刻んでいれば、これからのあなたのオフィスライフにきっと役に立つはずです。

もしもあなたの周囲にこの五箇条に反する言動の管理職がいるとしたら、それは反面教師と思いましょう。(多くの管理職がこの五箇条に反しているなら、もしかしてブラック企業なのかもしれません……)

この五箇条を、スマホに入れるなどして、すぐに目に入れるようにしましょう。

 

 

1.これより先、人事は“他言無用”を貫くべし。

123“他言無用”の意味はご存知ですよね?

「他に言ってはならない」という意味です。

人の異動に関することはもとより、登用することも、部下の休みの理由に至るまで、いわゆる「人事」に関することは、断じて漏らしてはいけません。

どんなに親しくしている間柄であっても、異動などの内示を会社から命じられた期日以前に教えたりしてはいけません。

どれほど気心が知れた仲間であろうと、どんな理由があろうと、公表前の人事情報を当人以外に話すことも絶対にNGです。

もちろん、「私、そんなこと絶対にしないわよ!」と言う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、それまで日常的に仲良くしている同僚がいるなら、愚痴などの話の流れで、つい、ポロリと言いそうになってしまったり、言葉にしなくても感づかれてしまったりするものです。人事が打診されてから部下の希望を確かめたくなる、といったことも起きるかもしれませんが、ふだんからコミュニケーションを良くしておき、事前に希望を掴んでおくのも本来の管理職の仕事。人を動かす直前に確認することではありません。

もし事前に漏れてしまったら、取り返しがつかないことになる可能性があります。

内示の内容を事前に知った当人や、その仕事を狙っていた他者などが、その人の人脈を使って反対行動に出て、その時の人事構想が崩れてしまったり、社員間にしこりを残すような問題になってしまうこともあるのです。

気を引き締めて、“他言無用”を心に刻みましょう。

 

 

1.これより先、役職という殻をかぶるものと心得よ。

pixta_964881_S-600x300管理職には、部下を評価する権限や仕事を配分する権限、予算を立てる権限など、多くの権限があります。たいていの会社の部門長には「決裁権」「人事権」もあります。いわば、人の人生を左右する権力です。

こうした権力は、「あなたに」“与え”られるのではなく、「あなたの就いた役職」に対して一時的に“委嘱”されるものに過ぎません。

つまり、あなたではなく、「役職」という殻にくっついているに過ぎないのです。

また、管理職に就くと、他の管理職や部下があなたを見る目や態度が変わります。取引先などの態度も変わります。

彼らがあなたに対して見せる親しげな態度、言葉遣いの丁寧さや敬意など、プラスの側面に触れたあなたは、一瞬、「自分は人気があるのか」と錯覚を覚えるかもしれません。

一方、逆に、今まで特に何のトラブルもなかったはずの社員が部下になった途端に反抗的になったり、関連部門の管理職から横柄なクレームを受けたりというマイナスの側面に触れると、あなたは「なぜみんな自分にそんなに攻撃的になるのか」と、つらくなってしまうかも。


しかしそれらの反応はすべて、権限と同様に、「あなたに」対してのものではなく、「あなたの就いた役職」に対して向けられるものと考えましょう。

そう考えていれば、あなた自身がパワーを持ったと勘違いすることなく、誰かがあなたに示す敬意を謙虚に受け止めて感謝の気持ちを持てますし、誰かがあなたに敵意を見せても深く傷つきすぎず、冷静に対処することができるでしょう。

 

 

1.これより先、泣き言、言い訳は通じぬものと心得よ。

20e24a18管理職は上にも下にも気を使い、プレッシャーは重い仕事です。部下の“尻拭い”をしなければならないことだって少なくありませんし、上席や他部門から“責任のなすりつけ”を受けることもあります。

そんな仕事を毎日ぎりぎりでこなしていると、愚痴のひとつも言いたくなります。

泣き言ぐらいは言わせてよ、という気持ちになることもあるでしょう。もちろん、言ってもかまいません。ただし、言ったとしても、周囲の受け止め方は、管理職になる前と同じではない可能性があることだけは心得ておいて。

つまり、泣き言や言い訳が「通じなく」なるのです。

管理職であるあなたが泣き言や言い訳を言うと、その場では反論されたり非難されたりしなくても、トイレや給湯室で「課長のくせに、あんなこと言ってたよ!」と、やり玉に上がっているかもしれません。

特に「時間がなくてできませんでした」という言い訳は、部下だけでなく上司からも心中密かにブーイングを買う大凶NGワード。絶対に口にしないで。

また、泣き言のふりをして誰かの悪口を言うのも危険です。管理職になると、悪口を言うことそのものが「ヒトとしていかがなものか?」と思われるようになるだけではなく、あなたがその席に就いていることを快く思わない人にとっては絶好の「弱み」と映ります。

恐ろしいのは、

「みんな条件は一緒なんだよ!」

「時間をちゃんとマネジメントするのが管理職だろう!」

「そういうことは言うもんじゃない!」

と叱ってくれる人がいなくなることです。上司でさえ、そこまで面倒は見てくれません。心の中で「ダメだな」と思っても、誰もそれを教えてはくれないのです。なぜならあなたはもう管理職。できて当たり前。解っていて当然。「そんなに嫌なら、辞めれば?」それが周囲の本音なのです。

 

 

1.これより先、“鳥の目、虫の目、魚の目”を持て。

7607d701e47d3d8604fe40b77df47c82369d30fd1419637454男性(管理職)がよく口にする「女性(管理職)の欠点」が何か、ご存知ですか?

それは「視野の狭さ」です。

多くの会社では、部課長会議に参加するメンバーの中に女性が1人いるかいないかというほど、男社会です。この“男性優遇”を克服するためにも、女性特有の欠点と男性が認識していることについては、特に留意しましょう。

実は、一般社員を見ていても、男性社員が「全体のために動く」意識を自然に持っているのに対し、女性は「指示されたこと以外には口も手も出そうとしない」という社員が多いのが実情です。どんな理由があるにせよ、こうした対応を見ていると、まるで「私は組織の中の歯車のひとつでいたいのです、それ以外のことはしたくありません」と言っているように見えてしまいます。

あなたは「管理職」。

経営者ではありませんが、経営側の見方をしなければいけません。よく語られる経営者の視点として、“鳥の目、虫の目、魚の目”という言葉があるのをご存知ですか?“人を束ねる人間は、この3つを全部持っていなければならない”という概念です。話す人によって2つの目(鷹の目蟻の目)、4つの目(+人の目)などさまざまな説があり、それぞれ解釈も違うようですが、概ね次のような意味です。

 

              鳥の目:全体を見渡しながらどこで何が起きているのかを知る能力

虫の目:自分の手元足元の現状をさまざまな角度から把握する能力

魚の目:周囲の流れの変化をすばやくキャッチする能力

 

それぞれの生物の姿をイメージすれば解りやすいのではないでしょうか。

本来、女性にもこの3つの目は備わっているものなのですが、女性には、敢えて「余計なものは見ないように」「出しゃばりな行動はしないように」ふるまう傾向があり、これが習慣づいている人は、管理職になってもなかなかそこから抜け出せません。意識的に自分の見方を変えるようにしましょう。

 

 

1.これより先、必ず迷うことあり。原点を忘るべからず。

1c09f995a6e25a00fc0ca8f3f7d1567d_s

人間ですから失敗もあります。

壁もできるし、追い詰められることもあります。

しかし、一般社員と違い、管理職の場合は周囲が助けてくれるとは限りません。上司からですら突き放されることも少なくないでしょう。

実際にそういう立場に立つと、進むべき道が見えず暗闇の中を彷徨う気持ちになることがあるのです。

でも、思い出してください。子供のころ、家族と交わした約束はありませんか?

「道に迷ったら、必ずここに戻ること」

そうです。管理職の門をくぐるその前に、あなたが立ち返る原点を必ず確認しておきましょう。

その原点は、人により異なります。初心かもしれません。その仕事を始めた時、子供のころに夢見たその日、管理職を目指す決意をしたその時の気持ちかもしれません。あるいはあなたが座右の銘にしている本や会社の規則、法律かもしれません。ひょっとすると、あなたの中にいつも感じている何かの使命感や理想といったものかもしれません。

“迷ったり行き詰ったりした時に必ずここに帰る”という原点を、しっかりと確認しておきましょう。

 

 

いかがでしょうか。

昔なら、子供が成人(元服)し、親の役目を継ぐとき、親から子へとこのような心得が伝授されることが多かったようです。

しかし、現代では親は子の昇格を心配しこそすれ指導はできず、会社の上司がこういったことを教えてくれることも少ないのが現状です。

どんなに時代が変わろうとも、裸になれば同じであるはずの人を纏めるということは、生半可な覚悟ではできないもの。人の上に立ち、引率しようとする人間に求められる基本は変わりません。

ぜひ、この五箇条を胸にきざみ、管理職の門を開いてください。

次回は門をくぐった直後、管理職ライフの最初に使うマジックをお届けします。

 

女性PRのことならなんでもお問い合わせください。