Ane会Times

TheAne会Times|大人の女性が楽しむwebマガジン

夏バテ・疲労回復レシピ!伝統野菜”高岡どっこ”で作る【きゅうりとタコのマリネ】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

疲労回復レシピ!伝統野菜”高岡どっこ”で作る【きゅうりとタコのマリネ】

高岡どっこのしっかりした食感とグレープフルーツの爽やかなマリネです。タコに含まれている”タウリン”という成分はアミノ酸の一種で肝臓の機能を助ける効果が有り、疲労回復が期待できます。

材料(4~5人前)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  • 高岡どっこ(種を取り輪切り)
  • グレープフルーツ
  • お刺身用タコ【マリネ液】
  • 白ワインビネガー
  • 粒マスタード
  • ハーブソルト
  • ブラックペッパー
  • オリーブオイル

作り方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  1. 高岡どっこは中の種を取って薄く輪切りにし、塩でもみ絞っておく。
  2. グレープフルーツは果肉を取っておく。
  3. 刺身用タコはスライスしておく。
  4. ボウルにマリネ液を合わせておく。
  5. 具材とマリネ液を合わせて冷蔵庫へ。
  6. 30分ほど置いたらお皿に盛り完成。

作り方のポイント

  • 高岡どっこは皮が硬いのでストライプ状にピーラーで剥くと食べやすくなります。
  • すぐにでも食べれますがマリネ液がなじんでからの方が食べ頃です。
  • グレープフルーツの代わりに夏みかんやレモン汁でも◎
  • タコの代わりに刺身用白身魚やホタテなどでも美味しいです。
  • 普通のきゅうりでも作れます。

 

更新の励みにもなりますので、こちらからご意見・ご感想など お聞かせ頂けると嬉しいです!

Return Top