Ane会Times

TheAne会Times|大人の女性が楽しむwebマガジン

富山の夏の味覚。伝統野菜”高岡どっこ”で作る。彩り豊かな【夏野菜ドリア】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

彩り豊かな一皿。伝統野菜 ”高岡どっこ”で作る【夏野菜ドリア】

ゴロゴロとカットした夏野菜を味わえるドリアです。高岡どっこは果肉が厚く歯ごたえも良いので野菜を味わっている感覚が楽しい一品です。グリルされた野菜にホワイトソースとチーズがよく絡みます。

材料(4~5人前)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  • 高岡どっこ
  • プチトマト
  • アスパラガス
  • ベーコン
  • ハーブソルト
  • ピザ用チーズ
  • 粉チーズ(ホワイトソース)
  • 小麦粉・・40g
  • バター・・35g
  • 牛乳・・500ml
  • 塩・・適宜(ターメリックライス風)
  • 生米・・3合
  • 玉ねぎ(みじん切り)・・1個
  • にんじん・・1本
  • オリーブオイル・・適宜

作り方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  1. (ホワイトソース)熱した鍋にバターを溶かし小麦粉を入れダマにならないようにヘラで混ぜる。焦げないように火加減も中火くらい。粉っぽさが残らぬようにしっかりと混ぜる。
  2. 牛乳を数回に分けて入れ混ぜる。塩で味を整える。
  3. (ターメリックライス風)カットしたにんじんと水をミキサーまたはフードプロセッサーに入れにんじんジュースを作る。
  4. 熱したフライパンにオリーブオイルを入れみじん切りにした玉ねぎを炒め、ハーブソルトを振り、生米と炒める。
  5. 炊飯器に米とにんじんジュース、水を加え炊く。
  6. 高岡どっこ、プチトマト、アスパラガス、ベーコンを一口大で同じ大きさにカットしておく。
  7. 耐熱皿にライスを入れ、ホワイトソース、チーズを乗せ、カットした具材を彩りよく散りばめる。
  8. 粉チーズをかけ250度のオーブンで15分ほど、焦げ目が美味しく付く位に焼いたら完成。

 

作り方のポイント

  • ホワイトソースはお好みで牛乳で硬さを調節して下さい。
  • ターメリックライスの代わりのにんじんライスで栄養価もUP。
  • ホワイトソース、チーズの上に具材を乗せることで見た目も鮮やかに野菜もこんがりグリルされ食欲をそそります。

 

更新の励みにもなりますので、こちらからご意見・ご感想など お聞かせ頂けると嬉しいです!

Return Top