Ane会Times

TheAne会Times|大人の女性が楽しむwebマガジン

夏のひんやりスープ

夏こそスープ!

Y20150729_00スープの魅力は、なんといっても食べやすさ!食欲のない時や、胃腸が弱っている時も、スーッと身体に沁み込んできます。食材の旨味がたっぷり溶け込んで、一度にたくさん栄養が摂れるので、夏バテ気味の方にもオススメです。
個人的には、暑さよりも冷房に弱いので、夏でも温かいスープに生姜やスパイスをプラスして、身体を冷やさないよう努めています。

トマトの水玉スープ

Y20150729_01

【材料】(4人分)

・ プチトマト20個
・ 冬瓜 正味180〜200g
・ 干し椎茸4枚
・ 干し椎茸の戻し汁 500ml
・ 水 100ml
・ 薄口醤油 大さじ2.5
・ 塩 ひとつまみ

【作り方】

1. 干し椎茸を多めの水(500ml)で戻す。戻し汁はとっておく。
2. プチトマトは湯むきしておく。
3. 冬瓜は一口大にカットしておく。
4. 干し椎茸の戻し汁 500mlと水100mlを火にかけ、干し椎茸と冬瓜を入れる。
5. 沸騰したら弱火にして、薄口醤油と塩を加え、味を整えてから、冬瓜が柔らかくなるまで煮る(約10分)。
6. 火を止め、湯むきしたトマトを加える。
7. 粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やす。半日ぐらい置くと、具材に味が染みて美味しくなります。

※ 火を止めてからトマトを加えないと、煮崩れして、スープが濁ってしまいます。
※ 出汁をかえると、また違った味わいのスープになります。鰹と昆布の合わせ出汁など、いろいろ試してみてください。

暑さで早朝に目覚めてしまう猛暑日には、茹でた素麺やところてんと合わせて、朝食にいかがですか?

マンゴーのデザートスープ

スイカもそろそろ食べ飽きてしまった…。甘過ぎないさっぱりとした後味のスイーツが食べたい!そんな時には、簡単デザートスープがオススメです。

Y20150729_03

【材料】(4人分)

・ココナッツミルク400ml
・牛乳100ml
・きび砂糖 大さじ2
・ マンゴー1個

【作り方】

1. ココナッツミルクと牛乳、きび砂糖を鍋に入れ、中火にかけながら、よく混ぜる。
2. 沸騰直前で火を止め、粗熱を取る。
3. 2.を器に入れ、冷凍庫で凍らせる。
4. 冷凍庫から取り出し、しばらく置いてシャリシャリになったら、一口大にカットしたマンゴーをのせて完成。

※ココナッツミルクと牛乳の量は、お好みで調整してください。牛乳を多くすると、よりさっぱりとした味わいに、見た目も白くなります。

トッピングで栄養価をUP!

話題のスーパーフード、チアシードや抗酸化作用のあるビタミンEを含むアーモンド、オメガ3脂肪酸を含むクルミなどをトッピングすると、食感も栄養価もUP!チアシードは、30分程水に浸して柔らかくしてからトッピングしてください。また、チアシードやナッツ類は高カロリーなので、摂り過ぎに注意しましょう。

Y20150729_04

カラフルな豆皿に並べておくと、品数の少なさも目立たなく…。
食事の後は、そのままコーヒーやお酒のお供にどうぞ!

寄稿者について

山本 加容
石川県金沢市生まれ。東京学芸大学にて、食品学・栄養学・住居学・服飾学・児童学を学ぶ。スタイリスト、グラフィックデザイナーを経て、プランニング・デザインオフィス「サーモメーター」設立。2009年、器と道具の店「SML」オープン。日本野菜ソムリエ協会公認ベジフルビューティーアドバイザーの資格を活かし、『食』にまつわるデザインコンサルティングやイベントを積極的に行う。2015年より、日本海地域から豊かな暮らしを学ぶ「GRAYSKY project」をスタート。5歳の娘をもつワーキングマザー。

更新の励みにもなりますので、こちらからご意見・ご感想など お聞かせ頂けると嬉しいです!

Return Top