Ane会Times

TheAne会Times|大人の女性が楽しむwebマガジン

対談:男目線のいい女。第2話「街行く姿とオンナの所作」

P1050750

株式会社三越伊勢丹でバイヤーを務める額田純嗣さんと、銀座木挽町の路地裏でバーを開くバーテンダーでありながら、ファッションブランドのプロデュースも手掛ける栗岩稔さんに[男目線のいい女]と題して、特別対談をしてもらいました。

47歳の栗岩さんと35歳額田さんの大人の男が好き勝手に、「いい女」について語っています。

接客業として、裕に10,000人を超える女性を見てきたお二人の人生経験から、「普段感じるいい女」「いい女の持っている要素」とか、「ファッション文化や日本文化」について多岐にわたる話題ばかり。

自分の生き方も考えるとても良い時間になりました。

ーーー

額田 純嗣(ヌカタ・ジュンジ)

早稲田大学卒業後、2002年(株)伊勢丹に入社、 2009年新宿店婦人服セールスマネージャー。
世界一の売上高を誇る伊勢丹新宿本店の2013年3月に改装グラ ンドオープンでは本館2階の婦人服を担当。商売と店作り、 ブランディングを学ぶ。2014年より「三越伊勢丹ホールディングス」 の基幹店である新宿伊勢丹、日本橋三越、 銀座三越の婦人服バイヤーを務める。
共著に、『新世代トップランナーの戦いかた 僕たちはこうして仕事を面白くする』(NHK出版)。

栗岩稔(クリイワ・ミノル)

バー テンダーとして自分のバーを経営をしながら、洋服やカバンのプロデュース、販売をする異色の経歴を持つ方。それも、20代は、ファッション業界に身をお き、誰もが知るカバンブランドを仕掛け成功に導く。その後、バーテンダーに転身。現在は、「SENSO」「NAOKO」ブランドのプロデュースを手がけて いる。

ーーー

(聞き手:Ane会Times編集長 日淺光博)P1050737

額田      おばちゃんの話ばっかりだったので、話題変えましょう。僕、仕事がファッションなんで。通りがかりの人を見ちゃうんですよね。

栗岩      みるみる

額田      職業病かもしれないですけど、やっぱり、服装も顔も見るんですよね。

栗岩      この話題は面白いね。どっから最初にみます。

額田      僕は、すれ違う人の目から見ちゃうんですよね。だから、良く、すれ違う人と目が合うんですよね。目を見るとわかりますよね。「この人、疲れてるな」とか。

栗岩      目はごまかせないですからね。

額田      「この人いい人だな」「この人すきだらけだな」とか。わかりますよね。

栗岩      自分はね。足。形の足じゃなくて、歩き方。この辺(銀座)だとヒール履いてる方が多いじゃないですか。ヒール履いてて、歩き方が悪いと、自分としては、ダメなんですよ。

額田      栗岩さんよく言いますよね。

栗岩      美しくないんだよね。

額田      確かに歩き方で、でますよね。男もそうですけど。せっかちな人とかすぐわかりますよね。

栗岩      ガツガツ歩いていれば、気が強いんだろうなとか。ヒール履いてるのに、ガニ股になっている人とか。ヒール履くなよ。って言いたくなるよね(笑)

額田      笑

栗岩      それを感じたのは、この夏に、仕事で銀座、青山、丸の内、六本木ヒルズを回って、お酒のイベントをしたんですよ。ヒルズの女はキレイ。言葉悪いけど。12cmぐらいのヒール履いてるんだけど、余計な音がしない。

額田      そうなんだ。

栗岩      なんで気づいたのかっていうと、そのイベントをしている時に、ある一人の女性が、高いヒールを履いて、颯爽歩いてるんだよね。思わず目でおってしまったよね。佇まいが綺麗だし、目線も頭悪そうじゃない。ちゃんと見据えてる感じがするんだよね。

額田      なんだろうな〜それ、すごいわかるな〜。

栗岩      私も、催事などで伊勢丹の店頭に立たせてもらう時があるじゃないですか。正直、販売をしていて、見分けてますね。靴が汚い人は、ないなって。高い安いじゃなくて、高い靴をきちんと履いていない人は、違和感を覚えるんですよ。

額田      一番わかり易いですよね。

栗岩      フェラガモ履いてそれって。

額田      履きなれてないと人とそうじゃない人はわかりますよね。

栗岩      あと、かばんの持ち方。

額田      よく、栗岩さんとも話すんだけど、 「所作」は、大事。会社で言うと、机の上が整頓されているかどうか。とか。女性もそうなんですけど、ペン1本、コップ1つ持つのに、持ち方が、雑な人と、キレイな人がいるわけですよ。キレイな人は、ほんとにキレイだし。汚い人は、ほんとに汚いんですよ。

栗岩      わかる。

額田      すごい気になっちゃいますね。男も思いますけど、女性には、目が言っちゃいますよね。

P1050744

日淺      男は、女性にキレイな所作を求めている部分はありますよね。

額田      確かに。目の前の布一枚のシワを伸ばしているだけでも、愛でてる感じがして、ステキだなとおもっちゃいますよね。モノを大切にしている感じがする。

栗岩      バーテンダー的に言うとね。お酒を飲む前に、ティッシュで自分の口紅を落としてから、グラスに口をつける人が、うちのお店だと結構いるんですよ。「ステキだなぁ」と、思ってみてますね。

額田      ステキですよね。

栗岩      お酒を飲んで帰った後に、グラスに口紅がべったり付いていると、正直、「あ〜」って思う時もあるんですよね。でも、ちゃんと落として飲まれると、「この人ステキだなと思うよね」

額田      やっぱり、そういった姿は、自分のお母さん姿を小さい時から見ていて、その影響じゃない方と思うですけど、きっとそういうのって、家系的に、引き継がれますよね。お箸の持ち方1つとってみても。

栗岩      恥じらいの文化って日本だけですからね。

日淺      そうですよね。

額田      僕は、専門がファッションじゃないですか。女性が着る、スカートやワンピースは、綺麗に着るのは、できると思うんですよ。女性のファッションでも、男性が着るものがあるじゃないですか。スーツとか、パンツとか。シャツとか。こういうものでありながら、男性とは違った女性らしく着こなしている人を見ると、究極だな。大人だなとおもっちゃいますよね。

栗岩      賛成。

額田      男目線で、同じものを着ているんだけど、同じ男物のアイテムを着こなしている姿をみると、この人、いい女だなと感じますね。そういうのって、すごい深いと思いますね。

栗岩      私が若いころ、一番憧れた女性って、白Tシャツにデニムスタイルなんですよね。日本人はめったにいないですけど(笑)昔、イタリアに行った時に、いたんですよね。

額田      確かに白Tシャツにデニムって究極の自然体ですよね。かっこよかったらたまらないですよね。

<続きます>

naoko_01naoko_021naoko_07

もくじ

taidan01_card taidan02_cardtaidan03_cardtaidan04_card

寄稿者について

株式会社日淺Ane会Times編集長編集長・日淺 光博
Ane会Timesの編集長をやっています。会食、イベント、仕事でのつながりを通して、3年間でのべ1,000名以上の女性とお会いしてきました。お会いした方々のエピソードもご紹介させて頂きます。

更新の励みにもなりますので、こちらからご意見・ご感想など お聞かせ頂けると嬉しいです!

Return Top