Ane会Times

TheAne会Times|大人の女性が楽しむwebマガジン

対談:男目線のいい女。第3話「親子で受け継がれるファッションと感性」

P1050750

株式会社三越伊勢丹でバイヤーを務める額田純嗣さんと、銀座木挽町の路地裏でバーを開くバーテンダーでありながら、ファッションブランドのプロデュースも手掛ける栗岩稔さんに[男目線のいい女]と題して、特別対談をしてもらいました。

47歳の栗岩さんと35歳額田さんの大人の男が好き勝手に、「いい女」について語っています。

接客業として、裕に10,000人を超える女性を見てきたお二人の人生経験から、「普段感じるいい女」「いい女の持っている要素」とか、「ファッション文化や日本文化」について多岐にわたる話題ばかり。

自分の生き方も考えるとても良い時間になりました。

ーーー

額田 純嗣(ヌカタ・ジュンジ)

早稲田大学卒業後、2002年(株)伊勢丹に入社、 2009年新宿店婦人服セールスマネージャー。
世界一の売上高を誇る伊勢丹新宿本店の2013年3月に改装グラ ンドオープンでは本館2階の婦人服を担当。商売と店作り、 ブランディングを学ぶ。2014年より「三越伊勢丹ホールディングス」 の基幹店である新宿伊勢丹、日本橋三越、 銀座三越の婦人服バイヤーを務める。
共著に、『新世代トップランナーの戦いかた 僕たちはこうして仕事を面白くする』(NHK出版)。

栗岩稔(クリイワ・ミノル)

バー テンダーとして自分のバーを経営をしながら、洋服やカバンのプロデュース、販売をする異色の経歴を持つ方。それも、20代は、ファッション業界に身をお き、誰もが知るカバンブランドを仕掛け成功に導く。その後、バーテンダーに転身。現在は、「SENSO」「NAOKO」ブランドのプロデュースを手がけて いる。

ーーー

(聞き手:Ane会Times編集長 日淺光博)

P10507480

日淺       さっき、所作も母親から受け継がれるって話しがあったんですけど、ファッションも母親から受け継がれるってことがあるんですか。

額田       ありますねぇ。感性って、やっぱり見て磨かれるので、幼い頃から、両親の着るものや合わせ方は、無意識に入ってきていて、トラッドベースな親の合わせ方は、見ていますよね。

僕らの親の世代ってトラッドベース(注:きっちりとしたスタイルのこと。)の文化なので、その合わせ方は、しっくりくるんだけど、逆にいうと、20代の方々の人の合わせ方見ると、親の世代が、若いので、合わせ方が違うなと感じますよね。

栗岩      親の世代は、素材を知ってるよね。季節感とか、旬とか。

額田      秋になったら、サンマを食べるとかしている家であれば、子どもも、旬のモノを食べようってなる。

日淺      60代以上の親世代って、洋服に対しても、子供の頃に、ブラウスをあつらえる経験をしている人もいるじゃないですか。いい悪いじゃないですけど、今の子供達って、ユニクロだったり、ファストファッションを着るという文化ですよね。

額田      今の人は、バリエーションの多さがファッションの基準だから、親世代のように、1つのモノを愛でる、長く着るっていう文化ではないよね。

栗岩      今の時代は、継承してないですよね。

額田      そうですね。お下がりとかないですよね。

栗岩      この前、プライベートな話しなんですけど、妻の実家に帰った時に、7年前になくなったお母さんが来ていたインポートのバーバリーのコートが出てきたんですよ。うちの妻は167cmあって。お母さんは、160cmないぐらいで。丈が合わないから、「どうかなぁ。」って相談されて、絶対直してきたほうが良いって話したんですよね。その丈を直して、妻が来た時の感動は、忘れられないですね。

額田      うん。

栗岩      いつも洋服を直しに出すリフォーム屋さんが、感動して言うんですよ。「これを手直しさせてくるの!」って、何十年前のバーバリーなので、生地も感じも違うんですよね。

額田      すごいな、それ。

栗岩      色あせもあるんですけど、このコートを直すときに娘に見せたんですよ。これは、おばあちゃんのコートで、ママも着るけど、あなたも着なさいよって。そしたら、ポカンとしてたけど、たぶん着るんでしょうね。

額田      いい話ですね。

栗岩      そういう話しって今は聞かないですよね。新しいもの買って、着て、捨ててが、当たり前になってますよね。

額田      今は、トレンドを求めるというか、流行り廃りが早いというか。エターナルなものというか、逸品を求めるっていうのが、ないですよね。

栗岩      時代的に言うと、昔は日本であつらえるっていう文化があって、女性は、ワンピースとかきて、それを継承していくことがありましたよね。伊勢丹さんは、そういう方がいるじゃないですか。

額田      いらっしゃいますね。

栗岩      そういう親子の姿をみると、ステキだなと思いますよね。それが、高度成長期の時期に使い捨てになってきて、今は、あつらえること自体が、一部の嗜好品になってますよね。

額田      そうですよね。

栗岩      結局、あつらえ品のような、その人にあった、パーソナルなものを提案することで、その人が輝くことにつながりますよね。。

額田      まさに。そうそう。

栗岩      その人に合わせてカスタマイズしていかないと。

額田      そこに、残りますよね。あつらえることで、バックにしても、洋服にしても、そのものを作るときに、モノを作るための体験、経験が必要になるわけですよね。単純にモノを所有することではなくて、そのものを見た時に、経験も一緒に思い出すじゃないですか。

栗岩      そうですよね。

額田      例えば、バッグをあつらえたとして、「あの時、東京にいて、重いパソコンを抱えながら、仕事をしていたな。」「パソコンを入れるために、あの大きなバッグをあつらえたな」という思い出が、5年後、10年後に残りますよね。

栗岩      そうそう。

額田      伊勢丹にお越しになるお客様でも、「これ30年前のものよ」といって、それをアレンジして着てらっしゃる方もいますよね。

P1050752

額田      あるお客様の話しですけどね。その方の、ご自宅におじゃまする機会があったんですよ。そのご自宅には、衣裳部屋あって、これは、何年前に買ったもの、何十年前にかったものと、一つ一つのアイテムを覚えているわけなんですよ。その、一つ一つを愛でてるし、ほんとに安いものから高いものまで、あるんですけど、その方が着けると、200円ぐらいのサングラスが、2万円ぐらいに見えるんですよ。

栗岩      わかるわかる。あれ、なんでだろうね。

額田      その人が着けると、そう見えちゃうんですよね。

日淺      ちょっと前に断捨離ブームがあったじゃないですか。モノを捨てることを覚える前に、1つのモノを大切に購入することを覚えないと、結局、買って捨てての繰り返しになっちゃいますよね。

額田      そうそう。そうなんですよ。その方にはあるんですよ。200円のサングラスでも、それを買った理由が。使い捨てでいいとは思っていないですよね。愛着があるものに囲まれているから、その方は、本当に品が良い人ですね。

栗岩      モノを見る目って大事ですよね。バカラのグラスと何でもないグラスを見分ける目を持つことも大事なんですけど、多くの人は、そんな目はないと思うんですよ。でも、大切なのは、高いバカラのグラスを買うことじゃなくて、自分にとって、必要な安いグラスを買えることが大切ですよね。ちゃんと、愛でて買えることですよ。

額田      そうですよね

栗岩      ただ、かわいいっていう理由でモノを買うっていう意味じゃなくて、美しいとか、こう使いたいな。って思って、モノを買う女性は、ステキですよね。

額田      そうですね。

栗岩      昔、ニューヨークで女性と買い物をしていた時に、小さな小物というか化粧品を見つけて、これかわいいって、ほんとに小さなものだったんですけど、見つけて買ってたんですよね。それが、良くこの中からそれを見つけたね。って思うもので、それがまたいいモノだったんですよね。

額田      わかります。自分だと、視界に入らないものを見つけて、それを見て、自分もステキだなと思えるモノを選ぶ女性っていますよね。これなんでしょうね。その視点が深いというか。何気ないショッピングなんですけど、自分の感性も磨かれるというか。

栗岩      そうそう。一緒にいて、男が勉強できる女性はステキ。男は女性から学ぶべき。

<続きます>

naoko_01naoko_021naoko_07

もくじ

taidan01_card taidan02_cardtaidan03_cardtaidan04_card

寄稿者について

株式会社日淺Ane会Times編集長編集長・日淺 光博
Ane会Timesの編集長をやっています。会食、イベント、仕事でのつながりを通して、3年間でのべ1,000名以上の女性とお会いしてきました。お会いした方々のエピソードもご紹介させて頂きます。

更新の励みにもなりますので、こちらからご意見・ご感想など お聞かせ頂けると嬉しいです!

Return Top