Ane会Times

TheAne会Times|大人の女性が楽しむwebマガジン

「また会いたい」と思えるいい女の条件|対談:男目線のいい女

IMG_2727

株式会社江戸前のデザイナー・カワイヨシロウさんと、銀座木挽町の路地裏でバーを開くバーテンダーでありながら、ファッションブランドのプロデュースも手掛ける栗岩稔さんに[男目線のいい女]と題して、特別対談をしてもらいました。

40代後半のお二人が好き勝手に、「いい女」について語っています。

接客業として、裕に10,000人を超える女性を見てきたお二人の人生経験から、「いい女の持っている要素」とか、「日本文化」について多岐にわたる話題ばかり。自分の生き方も考えるとても良い時間になりました。

ーーー

カワイヨシロウ

1998年に京都の呉服メーカーを経て独立。個展などで自身の着物デザインを草の根で広げる。
2006年には、大分県湯布院の旅館、界ASOのウエア・雑貨のデザイン。2007年に、和装・和雑貨を販売する、株式会社江戸前の代表に就任し、ペニンシュラやパリの有名レストランとの和装デザインで注目を集める。2008年にはダンヒルの着物をデザイン。2009年は和テイストのタウンウエアー、波芝も発表。

栗岩稔(クリイワ・ミノル)

バー テンダーとして自分のバーを経営をしながら、洋服やカバンのプロデュース、販売をする異色の経歴を持つ方。それも、20代は、ファッション業界に身をお き、誰もが知るカバンブランドを仕掛け成功に導く。その後、バーテンダーに転身。現在は、「SENSO」「NAOKO」ブランドのプロデュースを手がけて いる。

ーーー

(聞き手:Ane会Times編集長 日淺光博)

教養のある女性に感動

IMG_2722

日淺 さきほどの「かしこバカ」と「バカかしこ」の話ですけど、「バカかしこ」の人って、何でもきいてくれるイメージがありますね。

河合 そうなんです。「バカかしこ」の人は、知らないから聞けるんです。知らないから、初めて知った時の感動がでかいんですよ。この初めてってところにポイントがあって、スティーブ・ジョブズが、「Stay Foolish」っていっていたのは、そういうことなのかな。ジョブズが、禅に傾倒していたので、日本の考え方にもつながっていますよね。

河合 「Stay Hungry Stay Foolish」でしょ。常に乾いた状態で、常に新しいものを入れていく。代謝をしていくことが大切だと、僕は理解してますね。

栗岩 でも、Foolって日本語だとバカだけど、単純なバカじゃないですよね。

河合 そうそう悪い意味だけじゃない。

日淺 英語だと、バカって言わるより、「Stupid」愚かって言われることが多い気がします。

河合 愚かなことと、バカなことは、全然違いますね。そこは、日本語と映画の違いで、日本語だと、「愚直」っていう言葉があるじゃないですか。英語だと舐めた言葉だと思うんですけど、日本語だといい意味で使うじゃないですか。

栗岩 馬鹿正直とか。

河合 そうそう。だから結局、バカだねあいつって言っても、どこか救いがあるじゃないですか。それが、英語でStupidって言われたら最下層みたいなね。救いようねーじゃんって感じの。

一同 笑

栗岩 どこか、教養の要素が、バカって言葉には、含んでいますね。

河合 日本語と着物は似ているところがあって、欧米人にどう通じるかは、わからないけど、日本人のいい女性として話しをすると、余計、バカであっても、教養があるとか、初めてで感動するとか、そういうものが大切だと思います。

栗岩 そうですね。

河合 やっぱり、心が優しい人がいいですね。

栗岩 優しいという字は、「人を憂う」だからね。

河合 そう。憂う。人のことを考えられるヒトですね。

栗岩 最近、大和言葉に興味があって、漢字から来ている言葉と、大和言葉から来ている言葉ありますよね。それこそ、肝を冷やすとか。

河合 言葉の面白さですね。

栗岩 でも、言葉を知っている女性は、ステキですね。

河合 そういう女性は、人生に文学が入ってますね。この人、どうにもなんだかなぁという人は、その人の人生に文化が入っていない気がする・・・。たまにお客様からご紹介頂いてお目にかかる方にもいるんですけど。例えば、女性社長が、自分の仕事が成功して、その次に文化方面の事業を始めたいってなったりするんですよ。

栗岩 そうですね。

河合 最初は、着物来て、歌舞伎を見に行って、寿司を食べたりするんですよ。でも、着物選びとか、着物文化、所作ってなると全くご存じない。何をしていたの?大丈夫っすか?と思っちゃう。知らないのであれば、普通に教えて下さいって言えばいいし、知ったかぶりとか、格好だけでそういう風に言えない女性は、いい女じゃないですね。僕の中では・・・。

栗岩 いい女から一番遠いところにいますね。なんとか交流会とかなんとかを知る旅とか企画するだけの人とか。

河合 一番遠いところにいる、太陽系で言うと、冥王星にいる人ね。

一同 笑

栗岩 冥王星、海王星。

河合 隠語としていいかもしれない。

栗岩 いますよね。男も女もそうですけど、知らないのに知ったかぶりする人はいますよね。

河合 なかなかその辺は、人を見ている職業だから、見ちゃいますよね。特に栗岩さんの場合は、人の酔い様を見るワケだから、わかりますよね。

栗岩 すごいわかる。

河合 男性の方がわかりやすいんだろうけど。

また会いたいと思えるいい女

IMG_2717

日淺 これまでの話でキーワードになっている、「バカ」と「かしこ」ですけど、その境目ってありますか。

河合 バカの壁ね(笑)

栗岩 自分は、バーテンダーとして見ていると、やっぱり所作ですね。

河合 所作は、でますね。

栗岩 姿勢って話出ましたけど、ちゃんとしている人は、首筋が通ってるし、目線がちゃんとしてますね。

河合 目が泳いでないとか。

栗岩 座った時に、軸がブレてないとか。

河合 僕は、「分かってて控える人」かな。よくある、外資系なんかで留学経験ありとか、海外赴任有りとか、自分のポジション、スタイルは、これっていう人は、極端にやりにくい場合が多いですね。

河合 仕事である電話があって、いっちゃったのが、「お互い日本人なんだし、日本語で話しましょうよ。都度、英語を混ぜられてもわからないんですよね」って(笑)

日淺 わかります。

河合 「普通にしゃべりませんか。」って。

栗岩 カタカナ語は、ここ5年ぐらい使わないようにしてる。

日淺 それでいうと、年齢を重ねて、考え方が、「柔軟になる人」と「固くなる人」の違いを感じるんですけど、お二人から見て、その差はありますか?

河合 進化しているかしてないかの話でしょうね。今の時代だと、情報難民という人は固くなりますね。過去の価値観とか、過去の情報から変わってないない人。

河合 男性女性関係なく。だけど、情報をそれなりにとっている人は、「考えなおさなきゃいけないな」とか、「あいつが言っていたこと合ってるな」とか。常に新しい発見がある人は、やわらかいと思うんですよね。

栗岩 確かにそうですね。

河合 あとはどこで、その新しい発見を得るかですね。人なのか、服なのか、食べ物なのか、仕事なのか。メディアなのか。圧倒的にそれをシャットダウンしている人とは、コミュニケーションが取れなくなりますね。

栗岩 うーん。

河合 コミュニケーションが取れないから、接する機会がなくなっていくので、必然的に1回目会っても、2回目がなくなりますね。

河合 その人の持っている何かに一方的に興味を持ったら別なんですよ。それは技術者の場合が多いんですよ。例えば、その人にしかこの時計直せないとなれば、どんな偏屈な人でもお願いするじゃないですか。

栗岩 そうですね。

河合 なら、別なんですけどそれ以外ならやっぱり2回目に会いたいとはならないですよね。

栗岩 それに繋がる話で、商談でもプライベートでも、そうなんですけど、「また会いたい」と思える人ですよね。それって、興味を持たれる人ですよね。

河合 僕も、「また会おうね」と思える感じがよくって。仕事とかもそうだけど、この世の中は人と人が繋がるためにあるでしょ。だから、自分がここに存在してます。それを伝えるためにメディアとかパソコンとかがあって。

河合 自分が創ったり扱っているものが、全く知らない人と接点を産む可能性があるわけですよね。その一つの集合体の話しが、学校とかになって、同級生とかの繋がりになるんだけど・・・。自分はその中から武器を携えて社会にでたときに、仕事を通して知り合った人がすごい面白いやつだったとしたら、おれの友達に似ているやつがいたら引き合わせしてみようとか、そういうことってありますよね。

栗岩 ありますね。

河合 僕の場合だったら着物好きな奴がいたら、繋いでみるかとか。そういう話じゃないですか。自分のやっている仕事自体が人を繋ぐ武器であって、メシの種になると考えれば、ひとつのツールになりますよね。

河合 自分のやっていることとか、自分の知識とか。人の人生は出会いがすべてです。

河合 いい女という話しに戻すと、最近は、欧米文化に染まっている人が多いですね。お茶習っているからいい女ではないけど、バランスが大切なのかなと思いますね。

栗岩 ヒールを頑張って無理して履いている女性がいるじゃないですか。そもそも、欧米人と日本人は、骨格が違うじゃないですか。日本人の場合は、ヒール向きの骨格じゃないんですよ。

栗岩 欧米のスタイルを取り入れながら、自分らしく履いている人と、頑張って履いている人と、何も考えずにパカパカ履いている人。さっきの話じゃけど、「バカかしこ」「バカバカ」とかに通じますよね。

河合 そうそう。賢い話しはもうやめようってなるけど、バカな話しは繋がるんですよね(笑)

河合 見た目が、容姿端麗ではなくても、なんかかわいい女性っているじゃないですか。いい女の言い換え版として、「男前な女」って感じの・・・。

(了)

第1話 かしこい?おバカ?で分類する女性の見方|男目線のいい女

第2話 プロが語る。着物コーディネートで知ってほしい和文化と教養|男目線のいい女

寄稿者について

株式会社日淺Ane会Times編集長編集長・日淺 光博
Ane会Timesの編集長をやっています。会食、イベント、仕事でのつながりを通して、3年間でのべ1,000名以上の女性とお会いしてきました。お会いした方々のエピソードもご紹介させて頂きます。

更新の励みにもなりますので、こちらからご意見・ご感想など お聞かせ頂けると嬉しいです!

Return Top