Ane会Times

TheAne会Times|大人の女性が楽しむwebマガジン

縁結びあり、美肌あり、ご縁を結ぶ島根へ。充実の旅を!

「ご縁を結ぶ旅・島根県へ」

dsc007181

思い返せばかなり前から行きたいと思いながらも、いざという時に別の場所を選択してきたので今年はさすがにもう難しいだろうと思っていたところに旅仲間からの企画が!!

チャンスというものは必要な時にはすんなりと現れるものですね。

ついに気になっていたところへ足を運べるご縁をいただけたようです。

そんな私達5人が向かった場所はご縁の旅ということで・・島根県へ。

今回の旅はみんなバラバラな場所から集結しました。

私はというと・・金曜日の仕事が終わると同時に大急ぎて帰宅→夜行バスのターミナルへ。夜行バスに乗るのはかなり久しぶりでチケットを予約するところから少しドキドキしてしまいました。

いつもは友人が一緒に予約をしてくれるので、「たまには自分で手配をするのも旅をするぞ!」と実感がわいてきます。23時に出発をして、大阪に到着したのは朝の6時過ぎ。

この大阪で旅仲間と合流し、ここからは車で島根まで向かいます。

世界遺産の石見銀山!

src_10602031

1日目の観光は2007年7月に世界遺産登録となった石見銀山へ。

旅のリーダーさんがガイドさんをつけた方が細かいところまで教えていただけるのでオススメ!ということで、いてくださることを願って行ってみると・・ガイドOKとのこと!!

石見銀山遺跡までは往復で3時間近く要するというかなり距離のあるところを歩きます。

ここ数年、旅をして思うことは歴史的に残っているこういった遺跡などを訪れる際、事前学習がなかなか出来ないので、現地の方に説明をしていただくことでその土地や歴史の知識が深まると思うのです。

実際にここでガイドがなかったら「洞窟が何やらすごい!!」とい感想しか持ち帰れなかったと思うのです。
ちなみに石見銀山は世界の産銀量の約3分の1を占めた日本銀のかなりの部分がこの石見銀山で産出されたものだったようです。
こうして、世界的に重要な経済・海外との文化交流を生み出すきっかけとなったのが銀だそうです。
(他にも驚くことが多く・・ぜひガイドさんをご利用してみて下さい。)

昔使われていた道を今、自分も歩いている、歴史と共に存在している感覚、見えないけれど当事の日本人達がそこにいるのではないかと思うくらいの不思議な場所、これはガイドブックを読んだだけではわからない貴重な体験です。

姫神の湯・玉造温泉

945

チェックインの時間があるので、観光はここまで・・本日宿泊する玉造温泉へ。
玉造温泉は女性に優しい美肌の泉質であることから「姫神の湯」とも呼ばれる、島根県を代表する名湯なのです。
古代には良質の青めのうが採れたので勾玉作りが盛んだったということで、それが玉造の語源。
確かに温泉街のあちこちの勾玉をモチーフとしたアート作品など多数ありました。
勾玉というというのがさらに神々の国と思わせてくれます。

今回、私達が宿泊をしたのは「白石家」。楽天トラベルアワードで受賞をしている温泉宿のようです。
まず女性は好きな浴衣と帯を選ぶことが出来ます♪

こういうちょっとしたサービスが女性には嬉しかったりしますよね。
女子4人とも全く違う色とデザインの浴衣を選んでいたので、こんなところでも個性が出るのだと面白かったです。夜はカニ尽くしの料理!!!最初は嬉しくてわいわい話しながらもいつの間にかみんなカニを食べるのに必死!
カニ料理のあるあるですね(笑)

2時近くまでトランプで大富豪を必死にやっていた私達ですが、せっかくの美肌の湯。最後の最後までしっかり入らなければ!と朝5時に起きて入ってきました。

しかし、みんな考えることは同じなのか6時前なのにも関わらずけっこう人がいました!女性の美に対する意識が高いことを実感します。

願い石信仰の玉作湯神社

8028ef29_640

朝食を食べてから玉作湯神社へ参拝に。
ここには昔から信仰されている「願い石」があり、自分だけのお守りを作ることが出来る人気のスポット☆
社務所で叶い石を授けていただき・・購入してから気づいたのですが、みんなそれぞれ入っている石が違うのです!自分で取るので、本当に自分が必要な石がそれぞれの人の元へ行くのだと思います。

さらに願い札に願い事を書き、1枚は神社に納め、1枚は叶い石と一緒に巾着袋へ入れるというもの。まさに世界で1つしかないお守りなのです。願いが叶ったら・・返納するとお祓いをしてくれるそうですよ。

旅のメイン!出雲大社へ

IMGP8960

玉造温泉とはここでお別れをして・・次に向かうは今回の旅のメインともなる出雲大社です!
朝の方が空いているのではないかと早起きしたにも関わらず、既に沢山の観光客が・・!!

昨日の石見銀山のガイドさんに出雲大社に限っては通常の参拝方法の「二礼・二拍手・一礼」ではなく、「二礼・四拍手・一礼」とのこと。そして、掌をしっかり合わせてしまうと「節合わせ」→「不幸せ」となってしまうので、少しずらして拍手をするのだそうです。

これは知らなかったのでみんなしっかりずらして参拝しました。

そこからぐるっと本殿を一周してみると・・ちょうど本殿の真後ろにうさぎ達がいました。因幡の白兎だそうで、一番のお気に入りは祈願しているうさぎちゃんです☆

出雲大社を出ると真っ直ぐな道にお土産屋さんやお食事処など色々ありました!ここでしか買えない出雲土産もあるのでぜひゆっくりとご覧になってみて下さい。車に戻り、次の場所に・・と思ったら、ミスしてしまったことに気付きました!

出雲大社というと、あのしめ縄にコインを投げるシーンをイメージしますよね?

入ってすぐに同じようなのがあったのでてっきりそれだと思い、でも誰も投げていないなと思ってはいたのですが、まさか奥の方に入ったとは知らず、事前にある程度下調べをしなかったことを後悔・・でもまた次の機会に行こう!とモチベーションとなりました。

土日だけでも東京から何とか行けることがわかったので、今度はゆっくりガイドさんの説明を聞きながら散策したいと思います。

国宝・松江城

SONY DSC

次はまた1時間以上車を走らせて松江城に。

国宝に認定されたということで(お城に詳しくないので知らなかったです)ここも観光客で賑わっていました。黒いお城がシックで素敵でした。
ここも時間がないのでガイドさんのお話が聞けなかったのですが住む為ではなく、戦の為に使われていたお城だったようです。ちなみにこちらでは袴姿の女性がガイドしてくださるみたいですよ!

201112152316059e3

松江城の近くにはかなり広い島根のアンテナショップがあったのでお土産を買い忘れた人もここで何でも揃います。ゆるキャラのしまねっこが可愛いです☆そして、最後がとっておきの穴場で内緒にしておきたいところなのですが私も知人から教えていただいたので特別にお教えしちゃいます!

境港の近くにある美保神社が隠れたパワースポットなのです。

こんなところに神社があるの?と思うくらいに島根の端っこにあり、むしろ鳥取に近いです。
出雲大社の神様と親子関係にある神社だそうで、出雲大社よりも古いそう。

人が全くいないので心静かに参拝することが出来たのと、パワースポットとは聞いていましたが
参拝する際に涙がこぼれそうになる程、何かこみあげてくる感情がありました。
ひっそりしているけれどとてもパワフルな神社でした。

知人は島根に訪れる度に必ず立ち寄るそうなのですが、その後必ずといい程良いご縁に恵まれるそうです。私もこれからたくさんの素敵なご縁がありますように・・。この美保神社からさらに車で5分程行った先に灯台があり、そこにある展望台からは日本海が一望できます。

充実の島根観光終了!

今回の島根観光はここで終了。

まだまだ行きたい観光場所が沢山あり、ぜひまた訪れたいと思います。それにしても本当に神々がいらっしゃる島根県は素敵でした。ぜひ、皆さんも自分だけのご縁の旅に出掛けてみて下さいね。

人とのご縁は何にも変えられない宝物です。ここで読んでくださっている皆さんとのご縁にもいつも感謝しています。

これからの人生に、素敵なご縁を・・☆ 島根県の旅でした。

更新の励みにもなりますので、こちらからご意見・ご感想など お聞かせ頂けると嬉しいです!

Return Top