Ane会Times

TheAne会Times|大人の女性が楽しむwebマガジン

石川県庁コラボ企画!石川県へ出掛けよう!~加賀百万石の城下町:金沢~

ライターRioがいく石川県の旅!

北陸新幹線が開業してから約1年、ご縁に次ぐご縁で石川県へ行くことに!
私が出会った本物の石川県、石川の県民をぜひ知ってもらいたく書いています。4日間で金沢から能登半島の方まで旅をしてきたので、中身が盛り沢山に!
ということで、数回に分けてご紹介していきたいと思います。ぜひ最後までお付き合い下さい!!

北陸新幹線で出発!

62195では早速、旅に出掛けましょう♪

7:20東京駅発の北陸新幹線「かがやき525」に乗ります。
車内では日本海など見えてくるタイミングで乗務員さんのアナウンスが入りました。
1人での移動は少し寂しいのでこういった心遣いは旅気分が高まりますね☆
35047
金沢に来たぞ~!!
10時前に到着した金沢駅はリニューアルされて近代的ですが伝統文化もあちこちに取り入れられていて、金沢に来たぞ~!!という新鮮な気持ちになるエントランス。
まずは、少しだけ金沢の歴史についてご紹介させてください!
20081112213605
利家公は、なかなかのイケメン(失礼)
加賀藩の前田利家が1583年に金沢に入城し、明治の廃藩置県に至るまで、加賀藩前田家十四代の城下町として発展しました。藩政時代の金沢は江戸、大阪、京都に次ぐ4番目の規模であったと言われています。
風情ある街並みと共に前田家歴代藩主の振興した伝統工芸や伝統芸能が今なお残されています。
駅前は近代的変化を遂げていますが、少し移動すると風情ある城下町の雰囲気を堪能することが出来ます。昔ながらの建物など残されており、情緒溢れる街並みが素敵!
レンタル着物もあるので、レトロ柄に身を包んで散策する女性グループを多く見かけました。
金沢の景色と着物がなんともマッチするので私も時間があれば着てみたかった~!!形から入るタイプなので、その土地ならではの装いにチャレンジするのが好きなのです☆
DSC01518
幸せ~な、ひととき
さて、初日のランチは
さんへお邪魔しました。
大きなカウンターはけやきで出来ているそうで温かみを感じます。こちらのお店は醤油をつけずに出していただいたままを食べるのが特徴。旬のお魚やこの土地でしか食べられない貝など1貫ずつ握ってくれるので、説明を聞きながら素材の味を楽しみます♪
DSC01523
娘さんの感性が光る!
祖父の代から家族で経営されていて、貴重なお話も聞かせていただきました!
娘さんのアイディア料理も大変美味しくて、あっという間に完食してしまいました。
DSC01524
美味しいものは別腹
すっかりランチで満足してしまいましたが・・・金沢の台所と言われる「近江市場」を見学。
ボリュームがあり、お値段も安く、魚介類好きな私としては幸せ~☆
DSC01525
その場で食べることが出来るお店もあり、ウニ、牡蠣、ホタテ、どじょう焼きなどいただきました。
ついさっきお寿司を食べたばかりなのに・・美味しいものは別腹みたいです(笑)
魚介だけでなく、野菜、果物、お花なども売られていて、ご当地の「加賀野菜」もあります。
今の季節はレンコンなどがオススメみたいですよ!

日本三大名園「兼六園」

DSC01543
お腹も満足したところで、次は日本三大名園の1つである「兼六園」へ。170年以上の歳月をかけて造り上げた大名庭園。
兼六園という名は、兼ねることが難しい対照的な6つの庭園美を兼ね備える名園という意味だということを初めて知りました!ただ見た目に美しい庭園というだけでなく、そんな昔の時代に対照的なものを考えていたことに感動していたのですが・・・
DSC01554
こんなに後世に残っているものがあるということは昔の日本人のセンスは素晴らしいということだ!と1人で歴史を全身で感じておりました。
DSC01559
まさに「故きを温ねて新しきを知る」という言葉がピッタリな気がします!
この辺りは観光名所が密集しているので歩いて見て回れる便利な観光スポット。

続いて金沢城公園へ

DSC01569
「金沢城公園」もそんな観光名所の1つです。
金沢城は織田信長の家臣佐久間盛政が築いた城が始まりで、3年後に金沢に入城した前田利家によって本格的に城造りがスタートし、加賀百万石の礎が築かれました。・・歴史に詳しくない私ですが、実際に目の当たりにするとその土地の歴史を知りたくなり、知識が増えていくのが課外授業のような感覚で旅を楽しむポイントでもあります。
石垣がなんとも迫力があり、美しい!!
玉泉院丸庭園(加賀藩三代藩主:前田利常により作庭が始まったとされる)にある、休憩所「玉泉庵」では720円で生菓子付きで抹茶をいただくことが出来ます。
DSC01575
庭園を眺めながらいただくお茶は心落ち着くひととき。
週末の夜は庭園がライトアップされるそうです!
夜の庭園もまた雰囲気が変わって、特別な時間が過ごせそうです。
そして、年代問わず人気のある「金沢21世紀美術館」は決った見学ルートはなく、自由に見て回れるので見る人によって感じ方が異なるのも、これまたアートの一部ではないかと思うのです。
歴史と向き合った後は、現代のアーティスト作品と出逢えるタイムトラベルな空間。

ぜひ自身の足で目でアートに触れてみてください☆

次回は、古都金沢の花町や加賀料理体験などご紹介します!

更新の励みにもなりますので、こちらからご意見・ご感想など お聞かせ頂けると嬉しいです!

Return Top