Ane会Times

TheAne会Times|大人の女性が楽しむwebマガジン

石川県庁コラボ企画!第2弾「石川県へ出掛けよう!~伝統文化のまち:金沢~山中温泉」

第1弾はこちらから

IMG_0254_1
食べ逃した朝食・・・

2日目の朝、まさかの寝坊で朝食に間に合わず・・!!(焦)
ホテル日航金沢でオススメのを食べようと張り切っていただけに残念・・必ずやリベンジします!

気を取り直してマイクロバスに乗り、最初に向かうは武士のまち・・長町武家屋敷跡方面へ。

土塀と石畳が続き、江戸時代を感じさせる観光スポットの1つ。かつて加賀藩の中級武士が住んでいた界隈で、土塀の続く街並みの中では今も市民生活が営まれているとのこと!

歴史を大切にされているのだということが伺えます。

こちらは後程、見学するので・・先に加賀友禅を見に行きましょう♪

DSC01591
ということで、加賀友禅工房「長町友禅館」へお邪魔させていただきました。

友禅とは・・「糊で防染したきもの模様の技法」

加賀友禅は自然や古典をモチーフとした文様、虫食いや先ぼかしなどの伝統技法が用いられ、何よりも全て手描きの繊細さと美しさが特徴です。

多少、流行も取り入れるとのことですが次世代に繋げていく為にも飽きのこないデザインを大切にしているそう。

きらびやかとは違うけれど、着た人を優しく引き立たせる気品のある着物は、年齢を問わず上品さ、美しさを醸し出してくれる。

まさに、学ぶべき女性らしさを表現しているようであります。

DSC016007代目寺西一紘さんです。

7代目となる作家:寺西一紘さんが直接丁寧にご説明をして下さいました。

現在は、職人として作業をするだけでなく、直接お客様とお話をすることも大切と考えているとのことで、全国各地のデパートへの展示会にも足を運ばれるそうです。

物を介して人と人の心が繋がる素敵な江戸時代からの伝統がここにはありました!

DSC01616

素敵な着物にうっとりしたところで、武家屋敷跡の方へ戻り・・

庭園が美しいとされる「武家屋敷跡野村家」を見学します。

長町で唯一、一般公開をされている「武家屋敷跡野村家」は、代々奉行職を歴任してきた加賀藩士・野村伝兵衛信貞の屋敷跡。

DSC01607

襖に施された絵画など見るべき細かいポイントは沢山ありますが、縁側でのんびりと過ごしたくなる程美しい庭園を見ていると心が安らぎます。

過去には米国の庭園専門誌にて、日本庭園ランキングで第3位に選ばれるくらい海外からも注目が高い庭園は日本人ならば一度は見ておきたい芸術作です!

緑溢れる庭園を出るとその隣には、女子心をくすぐるお菓子屋さんがありました☆

DSC01609

「茶菓工房たろう」さん。

試食させていただいたお菓子が・・たろうのようかん。

和菓子があまり得意ではない私ですが、一口食べてみると・・ん?生チョコ?

しかし、食感は確かにようかん!和と洋が見事にバランス良く混ざり合っています。

カカオ、白カカオ味をいただきましたが、他にも様々な味があります!

これはお土産に喜ばれそう~♪♪

DSC01619金沢は”金箔”の街!

続いては、芸のまち・・ひがし茶屋街へ移動です。

キムスコ(木虫籠)と呼ばれる格子が施されたお茶屋の建物が立ち並び、
こちらの城下町の雰囲気を堪能することが出来ます。

カフェ、レストラン、お土産屋さんなど沢山のお店があるので、団体旅行で来ているお客様も多く見られました!

私達は「金箔屋の作田」さんを見学させていただきます。金沢では忘れてはならない伝統工芸材料金沢箔。

国内の金箔生産99%以上を誇る「金箔の町」・・それが、金沢なのです。

大正8年創業のさくださんでは金箔の作業を見学するだけでなく、金箔貼りをお手頃な価格で体験をすることが出来ます。
私が訪れた時には外国のお客様が体験されていました!

旅行の中ではこういった形に残る思い出を作るのも大切なポイントですよね♪

金箔を使ったお茶やコスメなども販売されているので、店内にてゆっくりとショッピングも楽しんでいただけます。

DSC01624嬉しいセレブスイーツ

バスへ戻る途中に、一同が思わず心を奪われてしまったのが…金箔ソフトクリーム!!

まさにセレブ感満載のスイーツでございます。

そして、ただのソフトクリームではなく、金沢の山中で育てられた鳥骨鶏の
卵を使用しているので濃厚っ!!カスタードのような色をしてるのです。

「鳥鶏庵」さんでぜひその味を試してみて下さいね。

DSC01632

次は、加賀料理を実際に作る体験をさせていただく為、「青木クッキングスクール」へ。

映画「武士の献立」の料理監修をされた青木悦子さんのスクールです。郷土料理「じぶ煮」をみんなで作ります。

ちなみにこの「治部煮」とは加賀藩前田家と親交のあったキリシタン大名「高山右近」が、滞在の折に伝えた追欧風料理だとされているようです。

色鮮やかな麩やオシャレにカットしたシイタケなど見た目に美しい料理ですが、材料を切って入れ、だし汁に調味料を加えて煮るというシンプルなお料理です。添えられた山葵と一緒にいただくと一層に食材の味が引き立ちます。

体験だけでなく、1階にあるレストラン「四季のテーブル」にて加賀料理をいただくことが出来ます。ほっこり加賀の味に心も温まります。

料理は1名様から受け付け可能なようです☆

腹ごしらえをしたところで再び旅に戻りますよ~!

DSC01649

白山市の方へバスを走らせて向かった先は・・「浅野太鼓」さんです。

太鼓の製造・販売をされている浅野太鼓さんでは、それはそれは大きな太鼓が展示してあり、こちらなんと!叩くことが出来るのです!!

響き渡る迫力と同時に・・叩き心地の良さに心を奪われそうになりました☆

明治神宮に置いてある太鼓も浅野太鼓さんのだそうです。

DSC01661

最後は、717年泰澄法師が千手観音を掘って岩窟内に置いたのが、開創の由来となっている歴史の古い「那谷寺」に。

入るやいなや感じたのは心地よい静けさと自然のマイナスイオン癒し空間。

普段の喧騒に疲れていた心が…ふわ~っと自然の中で解き放たれる感覚。

那谷寺の敷地は広く、岩山や洞窟が多数あります。

その中の1つに母親の胎内とされている洞窟があり、自分の罪を清める為に洞窟に入って祈り、表へ出てくると清められているいう不思議な洞窟で心身共に清めて参りました。

kayoutei_082

日も暮れ始めてきたので、本日宿泊する山中温泉エリアにある「かよう亭」さんへ向かいます。

山中温泉は自然と伝統文化が今なお残る湯のまち。

バスが宿へ到着すると温かい笑顔でのお出迎え。

親子三代で経営されており、丁寧な対応と行き届いたサービスにただただ感激するばかり!

普段の旅ではそこまで宿にこだわらない私ですが、大人の女性としてこういった格式高い旅館を知ること、経験することはそれこそ気品に繋がるのではないかと感じます。品とは心の余裕があってこそ生まれるものだと思うのです。

DSC01679

DSC01687
彩り豊かなお料理

夕食は、地元の食材をふんだんに使ったコース料理。

目にも美しく、味は抜群、地酒と共に最後まで美味しくいただきました!

山中のお水もとっても美味しくてたくさん飲んでいました(笑)

館内にはBarも完備されており、夕食後にのんびりとした時間も過ごせます。

実は、こういった贅沢時間がとても大好きなのです♪♪

温泉は化粧水いらずでお肌がツルツルになりますよ!と教えていただいた通り、サラサラな泉質だけれど肌に潤いが戻ってくるほどの自然の恵みたっぷりの温泉。お部屋によっては露天風呂がついています。

1日たっぷり歩いたので温泉でほっこり癒されて・・おやすみなさい☆

次回は、伝統工芸の職人さん、加賀のPR活動をしている女性との出逢いから、
縁結びのパワースポット情報などをお届けします!

更新の励みにもなりますので、こちらからご意見・ご感想など お聞かせ頂けると嬉しいです!

Return Top