Ane会

働く大人女性のためのWebマガジン

高精度の遺伝子分析サービス「イデンシル」を体験!美容・健康・トレーニングをオーダーメイド|グリスタ

「あなたの遺伝子を調べましょう」と言われたら、どんな印象を持ちますか?-実は昨今、女性たちのあいだで「遺伝子分析サービス」が非常に話題となっているのです。

遺伝子分析サービスとは、自分の身体の特徴を知ることができ、健やかで美しくなるために効率的な方法を探ることができる画期的なツールです。

果たしてその実態は、どんなものなのでしょうか?今回は、数ある遺伝子分析サービスのなかでも、これまでにない新たな側面からアプローチしつづける、株式会社グリスタの「IDENSIL(イデンシル)」を紹介します。

「体質=遺伝子」を知ろう

株式会社グリスタの代表取締役社長斎藤利氏は、日本で初めてバレーボールの個人指導専門スクールを設立した人物です。そんな斎藤氏があるとき気づいたのは、「個人の体質の差がスポーツに大きく影響している」ということでした。

体質とは、すなわち、生まれ持った遺伝子のことです。人間のDNA配列は、実はみな99.9%は同じ配列。残りのたった0.1%の違いによって、外見、体質、病気へのかかりやすさなどが変わってくるということなのです。

現在の私たちの身体の状態は、こうした生まれ持った体質である遺伝的要因と、その後のライフスタイルである環境的要因がかけあわさって成立しています。

アスリートが同じ練習メニューをこなし同じ食事を摂取していても能力に差が出ることや、同じ化粧品やサプリメントを使用していても体感に差が出るのは、この「体質=遺伝子」の影響によるものなのです。

オーダーメイド化する社会

欧米が先駆けとなり、こうした遺伝子情報を、積極的に医療・美容・アスリートへのトレーニングに取り入れようという流れができつつあります。

個人に見合った個別の処方・提案を「オーダーメイド」で実現していくことが求められる時代になってきているということでもあります。

日本でもこうした遺伝子分析サービスは始まっていましたが、「IDENSIL(イデンシル)」が他社サービスと違う点は、従来の「通販型サービス」ではなく「業務用サービス」という形式をとっているということです。

従来の通販型では「結果だけ送られてきてもそのあとどうしていいかわからない」というユーザーの声が上がりやすいうえ、医療資格のない企業や個人による、誤った疾病リスクへの言及やアドバイスが問題として指摘されていました。

「IDENSIL(イデンシル)」は、欧米で臨床用検査に使用される「マスアレイ方式」の遺伝子分析を採用。業務用として、研修を受けた企業・団体・店舗などでサービスを導入することにより、ユーザーに対して高精度なアドバイスを伝え、それぞれの体質に合ったサービスやパッケージの提供へとつなげることができるのです。

「IDENSIL(イデンシル)」サービスの特徴(出典:株式会社グリスタ)

実際に「IDENSIL」を体験

今回、Ane会ライターと編集部員が株式会社グリスタの勉強会に参加。実際に「IDENSIL(イデンシル)」を受けさせていただくことになりました。

まずはコースを選択します。通常選べるのは、「Athlete(アスリート向け)」「Healthcare(健康関連)」「Shape&Beauty(美容関連)」のどれか。選ぶコースによって、検査項目が変わるため、知りたい項目に基づいて選択します。

今回は、ライター・編集部員それぞれ、「Shape&Beauty」と「Healthcare」を選択しました。たとえば「Shape&Beauty」コースの場合は、太りやすくなる場合の条件や、肌老化しやすくなる条件などが調べられます。

選択したコースごとに、アンケートが渡されます。50個以上の項目を読み、現在の状態をチェックします。

※画像を一部修正しています。

その後、渡されたのは、シンプルな箱。このなかに、検査キットが入っています。

検査キットには綿棒が。

この綿棒を頬の内側にこすりつけ、口腔粘膜を採取するだけで、検査は完了です。

あとは3~4週間ほど結果が出るのを待つだけ。非常に簡単です。

「IDENSIL」は特徴を知るためのツール

「IDENSIL(イデンシル)」はあくまで自らの体質を知り、特徴をつかむことを目的としています。遺伝子とは才能の有無を知るためのものではありません。個人の能力を伸ばし、なりたい姿に近づけるために、どんな方法が最適なのかを知るためのツールなのです。

今回は「IDENSIL(イデンシル)」の概要をご紹介しました。次回は体験結果をレポートしたいと思います。果たしてどんな結果があらわれるのでしょうか?

取材協力:株式会社グリスタ

★取扱店・代理店募集中

「遺伝子分析サービスを商品として導入したい」「カウンセリングツールとして取り扱いたい」といった個人の方・団体・企業様を募集中です! 

<span style="font-size: 12pt;">遺伝子分析サービス勉強会  スピーカープロフィール</span>

株式会社グリスタ 代表取締役社長 斎藤利 氏

2010年 日本で初めてのバレーボール個人指導専門スクール「東京バレー ボールアカデミー」を設立。スクール独自の上達用サポーターなども開発 し、現在の指導実績は3万人を超えるスクールへと成長。

個人指導を通じ、個人の体質の差がスポーツに大きく影響していることを 感じる。また海外では遺伝子を調べて体質を把握することが普及している ことを知り、2014年に遺伝子事業を開始。主にスポーツ・フィットネス 向けにサービスを提供。2017年6月には一般社団法人ライフスタイルス ポーツ協会から株式会社グリスタへ当該事業を移管。

現在では、日本を代表するプロアスリートやオリンピアンに向け、体質に 合わせた食事やトレーニングに取り組むことが出来る環境を提供。

Written by

小嶋由希子
北海道函館市生まれ。工業高専で情報工学を専攻後、藤女子大学にて日本語・日本文学を学ぶ。イラストレーター・デザイナーとして活動する傍ら、複数企業の採用・人材教育に携わり、自己啓発・能力開発にも関わる。健康・美容ブランドの代理店事業やホステス業を並行し、現在は銀座でナイトワークをしつつライターとして活動している。

女性PRのことならなんでもお問い合わせください。