Ane会

働く大人女性のためのWebマガジン

【東京】優雅なアフタヌーンティーを高級ホテルでいかが?|Ane会

正統派「帝国ホテル」で、おひとりさまOKの王道なアフタヌーンティーを味わう♪

アフタヌーンティー イメージ

数年前だったら、ブッフェ、バイキング、食べ放題、という言葉にも惹かれたものだが、今は美味しいものを必要なだけ。少量で十分。満足度が高くありませんか?

「余分なものを胃袋にいれているスペースはない」

同じアラフォー友人の名言です(笑)。

今回は、気持ちのいい接客とサービスで、心地良い時間を過ごしたい。そんな贅沢なひとときを楽しめる高級ホテルのアフタヌーンティーを紹介します。

東京で押さえておきたい鉄板の場所はここ!!

「帝国ホテル 東京」

日比谷の街に位置し、丸の内のビジネス街にも近く、ショッピングや映画、観劇などが楽しめる好立地な場所にあります。

アフタヌーンティーを楽しめる場所は2ヵ所。目的に合わせて利用してみてください。

■本館1階ロビーにある「ランデブーラウンジ・バー」

予約なしでも入れます。裏を返せば、17時半以降しか予約ができず、タイミングが悪いと待つことになります。
※11:00~19:00 (ラストオーダー)

ロビーというだけあって、ざわつき感はありますが、隣との距離が広く取っており、周りの声が気にならない空間です。シーンとして静かなわけでもないので、おしゃべりが弾みますね。ひとりでいても違和感ないです。

吹き抜けで明るく、開放的なラウンジとクラシカルなバーが併設。ふたつの雰囲気を味わえます。

王道の三段皿で登場!

画像引用:帝国ホテル

 

~メニュー~ 抹茶と楽しむアフタヌーンティー<2018年4月1日(日)~>

  • ウェルカムドリンク(抹茶1杯)
  • プティフール(洋風水羊羹、和栗のモンブラン、抹茶のバウムクーヘン、アップルとシナモンのマカロン)
  • スコーン(プレーン、ごま)
  • サンドイッチ(海苔ブレッド/ツナ、トマト、チーズ、ホワイトブレッド/ハム、タマゴ、キュウリ)
  • 紅茶またはコーヒーのセレクションより好きなものを選べます。

後から紹介する17階のアクアよりも量は少なめで内容も変わってきます。その代わりに料金は3,500円(消費税込、サービス料別)でお手頃です!

本館17「インペリアルラウンジ アクア」

最上階にあり、見下ろすと日比谷公園が見えます。

空いていれば予約がなくても入れますが、できれば予約はした方が確実。
※11:30~18:00 (ラストオーダー)

お昼から予約ができるのは嬉しいですよね。ランチを兼ねて利用しても良さそう。平日限定のプランにはなりますが、10人以上集まれば、個室での対応も可能とのことです。

特に席を指定しなければ時間制限は3時間です。もし、窓際を指定すると時間制限は2時間にはなりますので、眺めがいいのか、時間が長いのを取るのか選んでくださいね。

食べながら、おしゃべりしているとあっという間に2時間って過ぎてしまう。ひとりだったら、窓際の席で2時間でも十分ではないでしょうか。非日常な場所に身を置くと、アイディアも沸いてきますよ。

メニューは季節ごとに内容は変わります。数か月ごとに行ってみると違った楽しさを発見できますね。ちなみに、春頃訪問した際には苺をたっぷりつかったアフタヌーンティーでした。

現在はスペインフェアの開催に合わせて、スペインならではの食材を用いた料理やデザート、ガスパッチョやピンチョスなど、スペインで親しまれている食材を使った料理や、デザートでアフタヌーンティーを楽しめます。

さて、お待ちかねのアフタヌーンティー。王道の3段プレート。別皿で温かいスコーンを持ってきてくれます。

画像引用:帝国ホテル

~メニュー~ アフタヌーンティー“スペイン”<2018年6月1日(金)~7月31日(火)>

  • 【アミューズ】 ライスコロッケ
  • 【スープ】 ガスパチョ
  • 【ピンチョス】
    ・蛸とジャガイモ、オリーブ
    ・ズッキーニと玉葱のトルティージャ
    ・柚子胡椒とクリームチーズ
  • 【サンドイッチ】
    ・彩り野菜(キャロットパン)
    ・紅ズワイ蟹とレモン風味(白パン)
    ・チキンとオリーブのカレー風味(ほうれん草のパン)
  • 【デザート】
    ・マチェドニア(オレンジのゼリー)
    ・フラン(スペイン風プリン)
    ・オレンジとチョコレートのガトー
    ・ヘーゼルナッツとキャラメルのマカロン
  • 【スコーン】オレンジスコーン  プレーンスコーン

コーヒー・紅茶・フレーバーティー等を含む約30種類より選べます。カップを変えてアイス、ホット自由に変更可能です。

こちらの料金は、4,989円(消費税込、サービス料別)でした。本館1階の「ランデブーラウンジ・バー」よりお値段は高めですが、大満足なメニューと贅沢な時間が味わえます。

【帝国ホテル】

住所 東京都千代田区内幸町1-1-1
アクセス 東京メトロ:日比谷線・千代田線/都営地下鉄:三田線 「日比谷駅」徒歩3分(A13出口すぐ)
JR「有楽町駅」徒歩5分

好きなものを飲むのが一番良いとは思いますが、アフタヌーンティーと言えば「紅茶」。帝国ホテルは日本紅茶協会より「おいしい紅茶の店」に認定されているので美味しい紅茶が味わえますよ!

高級ホテルのアフタヌーンティーで自分へのご褒美にいかがでしょうか?

時短求人に特化した採用支援サイトがオープン!

広報・経理・人事・法務・企画・経営企画・デザイン・ITなど、あなたの経験を活かした『時短の働き方』がここにあります!

Written by

やざわめぐみ
心と体を整えるヨガラジオ体操インストラクター。120歳まで元気に楽しく過ごすがモットー。ハーブやアロマが大好き。タイ料理ランチとアフタヌーンティー巡りが趣味。夫婦+犬(ボストンテリア)と暮らしている。

女性PRのことならなんでもお問い合わせください。