Ane会

働く大人女性のためのWebマガジン

レシピ付き【オーガニック料理】夏のテーマは「除湿+冷却」~除湿編vol.1~

6月29日、気象庁は関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表。関東甲信地方が6月に梅雨明けすることは観測史上初のこと。平年より約22日早く、去年より7日早い梅雨明けとなった。(朝日新聞)

 

Ane会読者のみなさん、体調はいかがでしょうか?

  • むくみ
  • だるい
  • 暑いのに冷える

など、この時期特有のお悩みでお困りではありませんか?

梅雨が明けたといっても、今は季節の転換期。ここでしっかり体調を把握し、整え、更なる猛暑に向けて“食”の力を使って上手に夏を乗り越えていきましょう。

健康状態をチェックしてみましょう

今回は「舌」を使って体調を把握する方法を紹介します。

舌を診ることで、体内で起こっている状態を確認することが出来ます。はじめは違いが分からないかもしれませんが、毎日チェックしていくことで、その変化に気付けるようになっていきます。

<準備するもの:手鏡>

出来るだけ明るい場所で“ベー”と舌を出して観察してみましょう。

正常な状態…ピンク色。
白っぽい舌…エネルギー不足。冷え。
赤っぽい舌…体内に熱がこもっている状態。
暗く紫っぽい舌…血液循環が悪い状態。
黄色っぽい舌…水分代謝が悪い状態。油っぽいものの過剰摂取。

  • かたち

正常な舌…適度な大きさとかたち。
舌全体が膨らみ歯形で横側がギザギザしている…水分の摂りすぎによるむくみ。消化器系の機能低下。
小さくやせ細っている…栄養不足状態。

いかがでしたか?

この診断を行うと、色は青白くギザギザ歯形がついている女性を多く見受けます。これは冷たいものを過剰摂取することによって内臓が冷え、消化機能低下によりむくんでいるという診断となります。

舌は体温の変化などでも色が変わっていきます。その時々の体調の把握や、食べ物のチョイスに迷ったときなどに役立てることをおすすめします。

まずは除湿!むくみを撃退

気象庁の発表通り、関東甲信地方は異例の速さで梅雨明けをむかえました。

梅雨の多湿な時期は、体の中も同じように“湿”がたまりやすくなると言われています。

体内に水が滞ると、いつもより強くむくみを感じたり、消化を司る胃脾の機能低下により食欲不振や倦怠感などの症状が出てきます。

ここで大切なのは“水はけの良いからだ”を目指すこと。利尿作用のある食材を使い、水分代謝を上げて改善していきましょう。

湿を取り除き胃腸を労わるおすすめレシピ

もやしとキャベツのジューシー煮

<材料 8個分>
・油揚げ:4枚  ※下ごしらえ:油抜きをして半分に切り開いておく
☆緑豆もやし:1袋(200g) ※下ごしらえ:半分に切っておく
★キャベツ:150g(目安1/4) ※下ごしらえ:千切り
・しめじ:1袋 ※下ごしらえ:石づきを切ってバラバラにしておく

~調味料~
・水:200cc
・しょうゆ:小さじ2
・みりん:小さじ2
・料理酒:小さじ1
★しょうが:一片
・塩:適量

☆利尿作用あり!
★胃腸を労わる作用あり!(体内の水分を出す助けとなります)

<作り方>

① もやし・キャベツ・きのこ(半分量)をサッとゆで、ざるにあげて軽く塩をふる

② ①を油揚げに詰めて楊枝でとめる


③ ②を鍋に並べて、合わせておいた調味料ときのこを投入して5分間煮る


④ ③から水分が出てくるので、塩などで味を調えて完成

もやしには体を冷やす性質があるので、冷え性の方は温めて食べるのがオススメです。

今回は胃腸を温めるしょうがも合わせて調理しました。

もやしやキャベツの効果で、中はシャキシャキ、外はしっとり!甘めの優しい味付けなので、老若男女問わず美味しく楽しく食べていただける一品です。

季節に合わせて食を変化する

“季節に合わせて食を変化させていく”というとハードル高そうに聞こえますが、その日の天候に合わせて洋服を選ぶように、楽しみながら食べるものを変化させることがおすすめです。

大切なのは、利尿作用のある食材を使って水分代謝を上げること。自分の体調を把握し、食べ物なら食材や調理法、飲み物ならば温度を調整していきましょう。

■予告■

次回は除湿編②。自然の甘味を活かしたお料理を中心にご紹介いたします。

時短求人に特化した採用支援サイトがオープン!

広報・経理・人事・法務・企画・経営企画・デザイン・ITなど、あなたの経験を活かした『時短の働き方』がここにあります!

Written by

GondairaTomomi
オーガニック料理ソムリエ

長年悩まされていた不調の根本治療を決意し、15年間勤めたアパレル業界を卒業。本格的に"食"の勉強をスタート。一番の実感は食べるものによって体調の変化だけでなく心の変化も感じ取れるようになったこと。外見だけでなく、内面からもキレイになれる情報を発信していきます。

女性PRのことならなんでもお問い合わせください。