Ane会

働く大人女性のためのWebマガジン

【首都圏】Ane会ライターいち押し!本格的で美味しいタイ料理5選

タイ料理は香辛料やレモングラスなどのハーブ、パクチーを代表する香味野菜を多く使います。辛味、酸味、甘味などが混ざり合って、複雑で絶妙な味わいを出すのがたまらないですよね。

おしゃれな雰囲気で味わうタイ料理も良いけど・・・タイで食べたあの味が忘れられない!ローカル感漂うお店が懐かしい!!ひとりランチもマイペンライ(タイ語で「気にしない、大丈夫」)。店員さんはたどたどしい日本語で、過剰な接客はナシ。笑顔さえあれば充分(タイは微笑みの国ですからね~)な、本格的で美味しい、そして、ちょっと刺激もプラスした、Ane会ライターおすすめタイ料理を紹介します。

新宿歌舞伎町でタイ料理を食べてみる

歌舞伎町に入ってすぐの雑居ビルにあり、扉を開けるのに勇気がいるかもしれません。いざ、思い切って入ってみよう。広々とした室内に重厚感あふれるタイの家具。一気にタイへトリップです。主に4名席テーブルが並ぶため、ランチの混雑時はおひとり様同士で相席にもなることも。週替わりメニュー以外にもスープ、麺類、炒め物など、見慣れない料理も並んでいます。種類が豊富なので、毎日通っても飽きない。どれも美味しいので、色々試してみるのも面白いかも!?

●Ane会ライターのオリジナル記事を読む >>>新宿歌舞伎町で、タイ料理を食べてみる@バンタイ

バンタイ
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-23-14 第1メトロビル 3F
電話:03-3207-0068
営業時間:[月~金]11:30~15:30(L.O.15:00)/17:00~23:45(L.O.23:00)
[土・日・祝]11:30~23:45(L.O.23:00)

都内で1位・2位を争う!タイ本場な味

えっ!?なんと、珍しいアヒル焼きまでいただけます。なかなか他では食べられませんよね。ランチはすべてスープ、サラダ、デザート、ドリンクバーが付いてきます。それでも、ほとんどのメニューが800円(税込)なので、リーズナブルな料金設定です。しかも、サラダはヤムウンセン(春雨サラダ)、デザートはココナツミルクかんてんだったり、サブメニューにもひと手間かけています。メイン料理のボリュームも満点なので、お腹を空かせて行くのがベスト。

●Ane会ライターのオリジナル記事を読む >>>都内で1.2を争う!タイ本場な味♡ピラブカウ@池袋

ピラブカウ 池袋店 (PIRABUKAO)
住所:東京都豊島区池袋2-48-4
電話:03-5911-1179
営業時間:11:30~24:00(ランチは14:30まで) ※年末年始以外は定休日なし

ワンダーワールドなタイ料理屋

アメ横の中間辺り、高架下の2階にあります。下の入口から見ても異国情緒。不思議な空間を漂わせていますが、どこかタイにいる気分が味わえます。階段を上がるとムエタイパンツやシンハービール空き瓶が飾ってあり、謎のごちゃごちゃ感が雑踏のバンコク屋台を彷彿。タイのミュージックビデオが流れているのも雰囲気出ています。お値段は観光地料金なのか、どれも1,000円ちょい超えるのは仕方ない。辛さなどの融通が利くのがポイント高し!

●Ane会ライターのオリジナル記事を読む >>>ワンダーワールドなタイ料理屋@メーアン上野

タイ屋台料理メーアン
住所:東京都台東区上野6-10-13
電話:03-6806-0154
営業時間:[月~金]11:00~15:00(LO 14:00)、 17:00~23:00
[土・日・祝]ランチ休み、17:00~23:00

東銀座のタイランド食堂

お昼は店内で食事ができるだけではなく、店の前でお弁当としても販売しています。オフィスに持ち込むか、近くに公園があるので、お天気が良い日にはのんびり外でいただいても気持ちが良いかも(さわやかな時期がおすすめ)。ランチメニューの種類こそ少ない感じもしますが、麺類、ご飯類の定番(カオ・パット・クン、カオマンガイ)が揃っています。パクチーや生春巻きはその日の気分で追加選択OK!銀座で680円で食べられるランチはなかなかありません!安いだけではなく、早く出てくるのに丁寧で美味しいのもGood!

●Ane会ライターのオリジナル記事を読む >>>東銀座のタイランド食堂♡ソイナナ

東銀座のタイランド食堂 ソイナナ
住所:東京都中央区銀座4-14-1 清水ビル 1F
電話:03-3542-5055
営業時間:11:30~14:30 17:30~23:00 ※定休日:日・祝

24時間営業のタイ料理屋

朝早い時間にタイ料理が食べたいという希望も叶います。休みなく24時間営業しているので、いつ行っても食べられるのは嬉しいですよね(たまに臨時で休んでいる場合もあり)。席数は少ないのですが、お互い譲り合って親密感が深まりそう。時間帯によって作る人も変わるから味は違うかもしれません!?コックはタイのお母さんのようなので家庭的な味が楽しめますよ。食事だけではなく、タイから輸入された調味料やドリンクなども購入できるのも魅力的。

●Ane会ライターのオリジナル記事を読む >>>24時間営業のタイ料理屋@横浜伊勢崎長者

J’s Store (ジェイズ ストア)
住所:神奈川県横浜市中区末吉町1-23 ボナールイセザキ1F
電話:045-241-1709
営業時間:24時間営業

Written by

やざわめぐみ
心と体を整えるヨガラジオ体操インストラクター。120歳まで元気に楽しく過ごすがモットー。ハーブやアロマが大好き。タイ料理ランチとアフタヌーンティー巡りが趣味。夫婦+犬(ボストンテリア)と暮らしている。

女性PRのことならなんでもお問い合わせください。