“写真”のリアルと抽象的な“個性”を1つの写真に融合。ローレフォト写真家・寅貝真知子

ローレフォトイメージ(1)

本当の自分を写す「ローレフォト」

3月26日産経新聞全国紙のヒト欄に取り上げられた写真家をご存知でしょうか。

幻想的な絵画のような写真を「ローレフォト」で話題の寅貝真知子さん。

彼女の表現する写真は、見る人を引き込み、それが本当の絵画であるかのような気持ちにさせる。

「一人の人間には、親として顔。仕事上での顔。子どもとしての顔。様々な側面があります。そのなかで、本当の自分を引き出し、その姿を表現したくて、それを追求した結果。自分にしかできない『ローレフォト』を考案しました。」

ローレフォトとは、フランス語の「役割」を持たせた造語。彼女が、ローレフォトを通して、役割を持つことになった写真の数々をご紹介したいと思います。

写真家・寅貝真知子

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

寅貝さんは、写真館を営む両親のもと、大阪府に生を受け、日々、写真館を訪れる人や飾ってある写真を眺める。 そんな人生の節目を彩る父の背中をみて、少女時代を過ごしてきました。そんな多くの人に触れてきた影響だろうか、彼女は、カウンセラーを目指し、大学へ進学。興味があるのは、「人」でした。

高校時代に演劇の経験をしたこともそのきっかけとなりました。

「私自身、自分への自信はないけれども、演劇という世界で役に没頭することで、新しい自分が表現できました。そんな経験から人に対する興味もわいてきたんです。」

ファインダー越しの新しい景色

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

人に興味を持ち、カウンセラーを目指し大学に進学。その後、企業の人事部へと進み、人に関係する職業について寅貝さん。社会人2年目。そんな彼女の景色を文字通り、一変させる出来事がありました。

「社会人二年目の時に、父から一眼レフカメラをもらいました。当時は、マニュアルカメラ。写真を取ることは、素人でしたが、ファインダー越しの世界が、10倍ぐらい輝いて見えました。私は一変にその景色のとりこになったんです。」

それからというもの、毎日の通勤中に撮影する朝日の表情が違うこと。寮生活の中で、撮影する友人の表情が輝いて見えること。ファインダー越しの景色は、寅貝さんの心の風景も変えてしまいました。

そんな彼女が、趣味のカメラで終わらなかったエピソードがあります。

「あるとき、東京出張に来た時、目的地に辿りつけず、道に迷っていました。恐る恐るある女性に道を尋ねると、彼女は、方向が違うのに、私を目的地まで案内してくれたんです。本当に嬉しかったのと同時に、帰りの電車の中で、ちょっとした出会いでも恩返しできる人になりたい。それが、カメラを通してならできるん じゃないか。」

写真家、寅貝真知子が生まれるきっかけは、恩返しの心からでした。そして、上司に相談しては、「考えなおせ」と言われること数回。自分でゼロから挑戦してみたいと、独立への道を歩むこととなります。

1

2

関連記事

  1. 『自身の不妊体験からいつしか支援者へ』 輝く女性のインタビュー 松本 亜樹子さん

  2. 「今の自分だからこそ残せる写真をお願いしたい。」乳がんで決意した一枚の写真

  3. 通勤時間ゼロ、子供がいても大丈夫!クラウドソーシングという働き方

  4. 現代女性が求め、求められる。ワーク・ライフ・バランスの6つの指針

  5. 【前編】「日本の文化を通じて人々の生活をより豊かに」神森 真理子

  6. 不妊治療、やめました 堀田あきお&かよさんインタビュー 【前篇】