寒い日にぴったりのおかず、ふろふき大根

年末年始に食べ過ぎてしまった方にもオススメ!

昨日まで、春かと思うくらい暖かかったのに、急に風が冷たくなって、半日外にいたら手足が冷えきってしまいました。
そこで、夕食はあったかいふろふき大根を作ることに。大根は、食物の消化を助け、腸の働きを整えてくれると言われています。年末年始に食べ過ぎて、胃腸が疲れている方にもオススメの食材です。

「ゆでた大根にどんなソースをかけて食べたい?」と娘に聞いてみると「いちごのソース!」と斬新な回答が…。
お気に入りの丹波の黒豆味噌で作った味噌ダレと鳥挽肉と青ネギのそぼろあん、たかはしよしこさん富山コンカリー(カレーオイル)、そしてあまおうのいちごソース、4種類のソースでふろふき大根を食べ比べてみます。味噌以外のソースだと最早「ふろふき大根」とは呼ばないのかもしれませんね。

大根にかけるソースのレシピ

ベースのふろふき大根と味噌ダレは、いつも冨田ただすけさんの白いごはん.comのレシピで作ります。厚く剥いた皮と面取りした部分は、きんぴらにしました。胡麻の代わりに、炒ったキヌアを使うと栄養価もさらにUP!かき揚げもオススメです。

鳥挽肉と青ネギのそぼろあん(大根2cm・3〜4個分)
【材料】
鳥挽肉150g、青ネギ1株、A<きび砂糖小さじ2、醤油大さじ1.5、酒大さじ1.5、みりん大さじ1.5、味噌小さじ1>
【作り方】
1. Aの材料を鍋に入れ、沸騰したら、鳥挽肉を入れる。
2. かき混ぜながら、中火で5分。鳥挽肉の色が変わったら火を止める。
3. 青ネギのみじん切りを加えて完成。
※生姜1片を擦り下ろして加えても美味しいです。

いちごソース(大根2cm・1〜2個分)
【材料】
いちご5個、きび砂糖大さじ2、レモン汁1/2個
【作り方】
1. いちごのヘタを取り、縦半分にカットする。
2. 鍋に1を入れ、きび砂糖とレモン汁をかけて、軽くなじませる。常温で30分置いておく。
3. 5~10分弱火にかけ、とろみがついたら完成。

鳥挽肉と青ネギのそぼろあんは、ふろふき大根以外にもいろいろ使えて便利です。ごはんにかけたり、パスタと和えたりして、メインディッシュにも!
時間のない時は、金山寺味噌や富山コンカリーのような市販の美味しいソースに頼りましょう。

珍スイーツ!?大根のいちごソースがけ

娘のリクエストから生まれた珍スイーツ、大根のいちごソースがけ。冷蔵庫で冷やしてから、食べてみました。

見た目はなかなかイケてる!味は・・・いちごソースが美味し過ぎて、大根よりもお団子やアイスクリームにかけて食べたかったです(苦笑)。娘も大根を残してしまいました。でも、既成概念にとらわれない料理は楽しいですね!これに懲りず、いろいろな味にTRYしていきたいです。

食の背景について娘といっしょに学んでいきたい

ふろふき大根に使った大根は、娘が掘ったもの。年始に親戚の畑で大根とネギの収穫を体験させてもらいました。
大根は娘一人の力でも楽々掘れるので、楽しそう!「ひ~、水が冷たい~」と言いながらも、おじいちゃんといっしょに、一生懸命大根の泥を洗っていました。

ふだん食べている料理に使われる食材や調味料は、どのように作られているのか、娘といっしょに学んでいきたいと思います。食の背景について生産者や工場の方々の抱える苦労を直に聞いたり、農作業を体験したりすることで、日々の食卓に心から感謝できるようになることを願います。娘にとって、美味しいレストランに行くよりも、大切なことだと思うのです。

関連記事

  1. 【簡単】テキーラと相性抜群おつまみ!”「ワカモレ」レシピ”

  2. 美味しいレシピ 【泉州水なす】フライパンひとつで ”水なすとシーフードのパエリア”

  3. 煮物に最適!伝統野菜”高岡どっこ”で作る【真鯛ときゅうりのアクアパッツァ】

  4. 煮崩れしない!「幻のじゃがいも」伝統野菜”治助いも”で作る。【塩ラフテー】

  5. 美味しいレシピ【京たけのこ】”土鍋で中華風たけのこごはん”

  6. 美味しいレシピ ”豚肉のすき焼きとろろかけ”