親子で楽しむバレンタイン

甘くないそばチョコ作り

もうすぐバレンタインデー。今年こそ、早めに準備しよう!と張り切っています。
いつも娘をみてくれるじいじとばあばには、健康のこともチラッと考えて、そばチョコを作ることにしました。
先ず、お蕎麦(乾麺)を太白純正胡麻油で揚げます。焦げやすいので、弱火でじっくり揚げるのがコツ。

Y20160220_01

湯煎で溶かしたチョコレートを付ける作業は、娘が担当。
道具だけ渡し、やり方は娘に委ねてみたところ、スプーンで一本一本丁寧にチョコレートを付けています。

Y20160220_02

カカオ99%のチョコレートを使ったので、ほろ苦くて甘さはほとんどなく、ビールやワインにも合いそうです。
つまみ喰いをした娘の顔が歪みます(笑)。心のこもったそばチョコになりました!

贈りたい人の顔を描いたチョコクッキー

お絵かきが大好きな娘。市販のクッキーに、チョコレート・ドライレーズン・アーモンドを使って、贈りたい人の顔を描きます。

「これは、前髪切った日のりこだよ。」「パパはおひげもいるね。」

Y20160220_03

ずっとおしゃべりしながら、たくさんの顔を描きました。

娘「ママ、みてー!この子かわいい?」
母「う、うん、なかなか味のあるお顔だね。」

Y20160220_04

贈られた人のひきつった顔を思い浮かべながら、ラッピングします(苦笑)。

呑んべえのパパやおじいちゃんへ

呑んべえで、甘いものが苦手な方も意外と多いですね。
パパやおじいちゃんが好きなお酒を買ってきて、手作りラベルを上から貼るだけで、ほっこりギフト酒が完成!
お酒を包む手拭いやお猪口もセットでいかがですか?

Y20160220_05

たろうのカカオ羊羹

Y20160220_06

ちょっと改まったギフトをお探しの方にオススメなのが、石川県金沢市にある『茶菓工房たろう』のカカオ羊羹。
個包装のパッケージもスタイリッシュなので、プチギフトとしてもgood!
羊羹に合わせてお茶やうつわを贈るのもいいですね。
通販でも購入できるそうです。

Y20160220_07

この時期、どこのお店へ行ってもチョコレートだらけ!
「恋なんかしてないし…。」「お菓子メーカーの戦略にハマるものか!」というネガティブな声もちらほら聞こえてきますが、せっかくのイベントなので、チョコレートが大好きな娘といっしょに、親子で楽しもうと思います!

関連記事

  1. 【至福の旅】星野リゾート裏磐梯ホテルで雪見温泉三昧

  2. 【群馬】人生つまづくことだって・・そんな時は小休止の旅でリフレッシュ。『”開運アップ”こころの散歩道』

  3. 【満喫】山梨県人のガイドで行く”日帰り山梨プラン”

  4. 小池さん、新米を待ちわび南三陸に行く。今月の小池さん。特別編(後編)。

  5. 認知症の妻へ送る、かけがいのない一枚を作る。写真家・寅貝真知子

  6. 恋や家庭がうまくいく女性のコミュニケーションルール|vol.9 「価値観が違う」とはどういうこと?